提供: Japanese Scratch-Wiki

2020年3月9日 (月) 17:16時点におけるT-takumini (トーク | 投稿記録)による版 (デフォルトソートの整備 (Scratch Foundation --> Scratch Foundation))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

青いハテナ.png 原文と比べた結果、この記事には多数(少なくとも 5 個以上)の誤訳があるか、翻訳途中であることが指摘されています。情報の利用には注意してください。正確な語句に改訳できる方を求めています。
Scratch Foundationのロゴ

Scratch Foundation(旧Code-to-Learn Foundation) は、ScratchScratchJrScratchEdを発展させるための資金を集める財団である。

財団の理念

We support approaches to coding that engage young people in thinking creatively, reasoning systematically, and working collaboratively -- essential skills for everyone in today's society.

– The Scratch Foundation

We focus on Scratch, the block-based programming language and online community developed by the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. Scratch makes it easy for young people to create their own interactive media projects -- like games, animations, and simulations -- and then share their creations with others in an active, online community.

Scratch is available for free, for everyone. And that's why the Scratch Foundation is so important. Through gifts from individuals, corporations, and foundations, we raise funds to support the entire Scratch ecosystem, including development of new technologies, organization of events, and dissemination of learning resources.

The Scratch Foundation's fundraising efforts will ensure that Scratch will continue to thrive as a creative tool and community for everyone, for years to come.

– The Scratch Foundation

沿革

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

2013年に、MITメディアラボのLearning Researchの教授のMitchel Resnickと、投資管理会社のTwo Sigma設立者で、会長のDavid Siegelによって設立された。

財団のメンバー

  • Mitchel Resnick — MITメディアラボのLearning Research教授。
  • David Siegel — Two Sigmaの創設者、会長。
  • Margaret Honey — ニューヨーク科学館の代表取締役。
  • Avraham Kadar — BrainPOPの創設者、代表取締役。
  • Christina Miller — Cartoon Networkの社長、ゼネラルマネージャー。

活動

Scratchエコシステムのオンラインコミュニティやイベントを支援している。

ScratchやScratchJrを、モバイルやタブレットデバイスなど、機能の改善や多くのプラットフォームで利用できるようにするための資金を提供している。

若者や教育関係者がScratchを使用して創造的な学習活動をするときのための資料を開発している。