提供: Japanese Scratch-Wiki

(__TOC__に修正(短いから目次は要らない気もする))
1行目: 1行目:
 
{{stub}}Scratch Dayは、年に一度世界中で行われるScratchのイベントである。
 
{{stub}}Scratch Dayは、年に一度世界中で行われるScratchのイベントである。
 
だれでも、イベントを主催することができ、どこでも開催することができるが、基本的に5月15日の前後の休日(土、日)に行われるのが伝統である。これは、Scratchというサービスそのものが2007年の5月15日に始まったことに由来する。
 
だれでも、イベントを主催することができ、どこでも開催することができるが、基本的に5月15日の前後の休日(土、日)に行われるのが伝統である。これは、Scratchというサービスそのものが2007年の5月15日に始まったことに由来する。
_TOC_
+
__TOC__
 
==歴史==
 
==歴史==
 
Scratch Dayの始まりは、2009年にMITのKaren BrennanさんがScratchの誕生日にイベントをしようと思いたち、開催したのがはじめてのイベントである。
 
Scratch Dayの始まりは、2009年にMITのKaren BrennanさんがScratchの誕生日にイベントをしようと思いたち、開催したのがはじめてのイベントである。

2017年10月6日 (金) 11:37時点における版

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

Scratch Dayは、年に一度世界中で行われるScratchのイベントである。

だれでも、イベントを主催することができ、どこでも開催することができるが、基本的に5月15日の前後の休日(土、日)に行われるのが伝統である。これは、Scratchというサービスそのものが2007年の5月15日に始まったことに由来する。

歴史

Scratch Dayの始まりは、2009年にMITのKaren BrennanさんがScratchの誕生日にイベントをしようと思いたち、開催したのがはじめてのイベントである。 以後、Scratch Dayは毎年世界各地で行われている。

日本におけるScratch Day

日本では主に東京で毎年行われているScratch Day in tokyoや、各地域のCoder Dojoなどが主催するScratch Dayがある。