提供: Japanese Scratch-Wiki

(おかしい翻訳などを修正。)
(4人の利用者による、間の14版が非表示)
1行目: 1行目:
{{メモ|この翻訳はCC BY-SA 2.0で利用できます。[[scratch:preview-faq]]より}}
+
{{ひらがなヘッダ}}{{メモ|この翻訳はCC BY-SA 2.0で利用できます。[[scratch:3faq]]より}}
  
Scratch 3.0 プレビューFAQは、Scratch 3.0のアップデートに伴う情報を提供するページである。以下がその翻訳である。
+
'''Scratch 3.0 ベータFAQ'''は、[[Scratch 3.0]]のアップデートに伴う情報を提供するページである。以下がその翻訳である。
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
 
=== Scratch 3.0とは何ですか? ===
 
=== Scratch 3.0とは何ですか? ===
Scratch 3.0は、次のバージョンのScratchで、Scratchで作成する方法、場所、場所を広げます。Scratch 3.0では、スマートフォンでの実行、タブレットでの編集、音声操作、そして'''多くの新機能があります!'''
+
Scratch 3.0は、次のバージョンのScratchで、Scratchで作成する方法、場所を広げます。複数の<!-- dozens なので12の倍数? -->新しいスプライト、根本的に作り変えたサウンドエディター、新しいプログラミングブロックなどが含まれます。そして、Scratchでは、デスクトップ/ノートパソコンに加え、タブレットでもプロジェクトの作成/閲覧が可能です!
  
=== Scratch 3.0はいつ配信されますか? ===
+
=== ScratchウェブサイトはいつScratch 3.0に切り替えられますか? ===
オンラインバージョンは、2018年8月を予定しています。2018年後半に、インターネットなしでのプログラムを可能とするScratch 3.0 オフラインエディターを配信する予定です。
+
公式配信は2019年1月2日を予定しています。
  
=== プレビューバージョンとは何ですか? ===
+
=== ベータバージョンとは何ですか? ===
プレビューバージョンは新機能を試すため、準備をするためのものです。Scratchのエディターのみが配信されます。
+
ベータバージョンは新機能を試すため、準備をするためのものです。Scratchウェブサイトは含まれなく、Scratchのエディターのみが配信されます。
  
=== プレビューバージョンの中身は何ですか? ===
+
=== ベータバージョンの中身は何ですか? ===
多くの機能が利用できます。ただし、保存や画像のアップロードなどの機能はありません。公式配信までには追加されます。2週間ごとに新機能を配信します。チェックして下さい!
+
エディターの主な機能のほとんどは追加されていますが、いくらかの重要な機能、たとえばコミュニティに共有する機能がまだ追加されていません。アカウントにサインインはできませんが、作ったプロジェクトはダウンロードして保存できます。今あるプロジェクトをベータ版で開くには、「2.0のプロジェクトを見る」を押してください。
  
 
=== すべての作品は3.0で動きますか? ===
 
=== すべての作品は3.0で動きますか? ===
はい。私たちは互換性を保つための努力をしています。
+
はい。私たちは互換性を保つための努力をしています。現在Scratch 2.0の作品をScratch 3.0のプレビューバージョンで見ることができますが、変更の保存はできません。プロジェクトを開くには、プレビューのページへ行き、'''2.0のプロジェクトを見る'''を押してください。
  
=== プレビューバージョンで保存と共有はできますか? ===
+
=== ベータバージョンで保存と共有はできますか? ===
現時点ではできません。数ヵ月後、私たちはあなたのコンピューターへ保存できるようにします。しかし、公式配信まではScratchウェブサイトで共有できません。
+
現在、プロジェクトはコンピューターに保存できますが、Scratchウェブサイト上での保存はできません。保存・共有は2019年1月2日の公式配信まで使えません。この日までは、scratch.mit.eduでのコミュニティは通常通り使用できます。
  
 
=== Scratchウェブサイトの変更点は何ですか? ===
 
=== Scratchウェブサイトの変更点は何ですか? ===
プレビューはエディターのみ提供しています。しかし、新しい機能をウェブサイトに追加することも検討しています。8月の公式配信では、新機能、新デザイン(特にトップページとプロジェクトページ)が追加されますが、現在利用できるすべての機能が維持されます。詳しい情報は、リリースの直前に共有します。
+
ベータはエディターのみ提供しています。しかし、新しい機能をウェブサイトに追加することも検討しています。1月の公式配信では、新機能、新デザイン(特にトップページとプロジェクトページ)が追加されますが、現在利用できるすべての機能が維持されます。詳しい情報は、リリースの直前に共有します。
  
 
=== バグはどうやって報告できますか? ===
 
=== バグはどうやって報告できますか? ===
右上の「Feedback」ボタンから利用できます。
+
[[scratch:discuss/topic/299791|Scratch 3.0 Suggestions & Bug Reports]]から、バグやフィードバックを報告できます。
  
 
=== Scratch 3.0も多言語対応ですか? ===
 
=== Scratch 3.0も多言語対応ですか? ===
プレビューは英語版のみです。しかし、今後翻訳を追加します。公式配信では、同等の翻訳機能を対応します。(右から左に読む機能も)
+
はい。エディターの言語を変えるには、上のバーの地球儀マークを押してドロップダウンリストから選んでください。
 +
 
 +
すべての翻訳はボランティアによって行われます。ベータバージョンではすでに40以上の言語に翻訳されていますが、いくつかはレビュー段階のままです。公式配信では完全にレビューされた言語のみをサポートします。
 +
 
 +
完全にレビューされた言語:アブハズ語,中国語(簡体, 繁体), チェコ語, デンマーク語, オランダ語, フランス語, ゲール語, アイルランド語, イタリア語, ノルウェー語, ポルトガル語, スペイン語, スロベニア語, スウェーデン語, ウクライナ語
 +
 
 +
すべての翻訳された言語は[https://www.transifex.com/llk/scratch-editor/ 翻訳サーバー]で確認できます。
 +
 
 +
翻訳やレビューを手伝える方は、translate@scratch.mit.edu まで連絡をお願いします。
 +
 
  
 
== 新機能 ==
 
== 新機能 ==
 
=== ブロック ===
 
=== ブロック ===
 
==== Scratch 3.0で廃止されるブロックはありますか? ====
 
==== Scratch 3.0で廃止されるブロックはありますか? ====
いいえ。しかし、いくらかは拡張機能に移動しました。下を参照して下さい。
+
いいえ。しかし、いくらかは少し変わり、他のいくらかは拡張機能に移動しました。下を参照して下さい。
  
 
==== では、新しいブロックは追加されますか? ====
 
==== では、新しいブロックは追加されますか? ====
もちろん! プレビューで確認できます。
+
もちろんです。 ベータバージョンで確認できます。
 
* 音の効果
 
* 音の効果
 
* 文字列演算をしやすくする演算ブロック
 
* 文字列演算をしやすくする演算ブロック
 
* 透明度対応のペンブロック
 
* 透明度対応のペンブロック
* スプライトへ向かうブロック
+
* スプライトへ向かうブロック(または、ランダムな場所)
* 新しい拡張機能
+
* 新しい拡張機能(下の「拡張機能」を見てください)
  
 
==== なぜ3.0のブロックは大きいのですか? ====
 
==== なぜ3.0のブロックは大きいのですか? ====
タブレットでの動作を保証するために、ブロックを大きくしました。ドラッグ・ドロップがしやすくなっています。
+
タブレットでの動作を保証するために、ブロックを大きくしました。タップやドラッグ・ドロップがしやすくなっています。また、新しい利用者がクリックやドラッグで困らないように、Scratch 3.0ではわずかに大きいブロックが使われています。
  
 
=== インターフェース ===
 
=== インターフェース ===
51行目: 60行目:
 
使いやすくするために変更を行いました。
 
使いやすくするために変更を行いました。
 
* ブロックのリストをカテゴリを越えてスクロールできるようになりました。
 
* ブロックのリストをカテゴリを越えてスクロールできるようになりました。
* ステージとスクリプトエリアが入れ替わります。(Scratch 1.4のように)
+
* ステージを右に移動しました。
* スプライト、背景、拡張機能を追加する新しい方法が利用できます。
+
* スプライト、背景、拡張機能を追加する新しい方法が利用できるようにしました。
 
* 「() 度に向ける」のようなブロックの入力がより視覚的で分かりやすくなりました。
 
* 「() 度に向ける」のようなブロックの入力がより視覚的で分かりやすくなりました。
* すべてのプロジェクトは変数つきで作成されます。これは初心者にわかりやすくするためです。
+
* 初心者にわかりやすくするため、すべてのプロジェクトは変数が1つ作成された状態で作成されるようにしました。
* ペンブロックと楽器のブロックは拡張機能になりました。これにより機能の追加とブロックパレットの簡略化ができます。
+
* カラーピッカーの入力方法を多くしました。
* カラーピッカーが多くの入力方法をサポートしました。
 
  
 
==== ペンブロックや音楽のブロックはどこに行きましたか? ====
 
==== ペンブロックや音楽のブロックはどこに行きましたか? ====
62行目: 70行目:
  
 
== スプライト、音、背景 ==
 
== スプライト、音、背景 ==
=== 新しいスプライトたちはありますか? ===
+
=== 新しいスプライトはありますか? ===
はい! イラストレーターや音楽家に頼んでいます。以前のスプライト、音、背景はほとんど残ります。
+
はい! イラストレーターや音楽家に頼んでいます。多くはすでにベータバージョンに追加されています。そしてまだまだ追加されます。以前のスプライト、音、背景はほとんど残るか似たものに置き換えられます。
  
 
== ペイントエディター ==
 
== ペイントエディター ==
 
=== ペイントエディターの新機能はありますか? ===
 
=== ペイントエディターの新機能はありますか? ===
エディターを現在再設計しています。
+
エディターを現在再設計し、さまざまな新機能を追加し、かつ使いやすくしています。'''これらが含まれます:'''
* より見やすいレイアウトが導入されます。
+
* たくさんのツールが使え、より見やすいレイアウトが導入されます。
* ベクターモードの消しゴムが追加されます。
+
* ベクターモードに、消しゴムのような新しい機能が追加されます。
 
* 色の選択の入力方法が広がります。
 
* 色の選択の入力方法が広がります。
 
* ベクターモードに曲線などの機能が追加されます。
 
* ベクターモードに曲線などの機能が追加されます。
* レイヤーの機能が強化され、最前部・最後部が指定できます。
+
* レイヤーの機能が強化され、最前面・最背面が指定できます。
* 勾配のコントロール(作成中!)
+
* 新しいグラデーション設定が追加されます。
 
 
=== ビットマップ・エディターはいつ公表されますか? ===
 
プレビューの時点ではありませんが、取り組んでいます! =^..^=
 
  
 
== サウンドエディター==
 
== サウンドエディター==
 
=== サウンドエディターの新機能は何ですか? ===
 
=== サウンドエディターの新機能は何ですか? ===
再設計されて、録音がしやすくなりました。
+
再設計されて、録音や音の改変がしやすくなりました。以下の機能が追加されました:
* 新しい録音システム
+
* 新しく使いやすい録音システム
* 新しいトリミングのシステム
+
* 新しく使いやすいトリミングのシステム
 
* 新しい音の効果(「速く」、「遅く」、「エコー」、「ロボット」など)
 
* 新しい音の効果(「速く」、「遅く」、「エコー」、「ロボット」など)
  
== ヘルプの素材 ==
+
== ヘルプ素材 ==
 
=== Scratchのエディターでヘルプは利用できますか? ===
 
=== Scratchのエディターでヘルプは利用できますか? ===
はい、更新中です。公式配信までには利用できます。
+
はい、ヘルプはエディター内で使えます。「チュートリアル」ボタンを押すと、いろいろなステップのチュートリアルがあるライブラリーに行きます。さまざまなプロジェクト、たとえば、「追いかけっこゲームを作る」に対応したものや、特定のブロック・機能に特化したもの(たとえば、「Make It Spin」や「音を録音する」)があります。
  
 
=== 新しいScratcherはどうやって始めますか? ===
 
=== 新しいScratcherはどうやって始めますか? ===
Scratch 3.0は初心者がやりやすいようにできています。初心者のための新機能を用意する予定です。
+
Scratch 3.0は初心者がやりやすいようにできています。初心者はチュートリアルの「さあ、始めましょう」ビデオを見ることができます。
 +
 
 +
=== Tipsはどうなりましたか? ===
 +
今画面の右にあるようなTipsはなくなります。上のようなチュートリアルを使う予定です。
 +
 
 +
=== 私が今使っている資料は更新されますか? ===
 +
たくさんの本、ビデオ、チュートリアルが、第三者によって作られています。8月-12月のベータバージョンを、必要ならば資料に使うことを期待しています。資料の利用者は、作成者に資料の更新について連絡することを勧めます。
 +
 
 +
もしあなたが作成者なら、下の「資料と素材」を見てください。
  
 
== 拡張機能 ==
 
== 拡張機能 ==
 
=== 拡張機能とは何ですか? ===
 
=== 拡張機能とは何ですか? ===
拡張機能は、Scratchをより便利にする機能です。「ペン」「音」などがあり、また音声認識やハードウェア(WeDoのような)を扱えます。
+
'''Scratch 3.0では、拡張機能という、追加のブロックを使用することができます。たとえば、現実のデバイス(micro:bitやLEGOロボティクスキットのようなもの)と接続するものや、Scratchプロジェクトにある言葉を翻訳するものです。新しい拡張機能は随時追加されるため、Scratchは日々成長します。'''
  
 
=== 拡張機能はどうやって動作しますか? ===
 
=== 拡張機能はどうやって動作しますか? ===
拡張機能はエディター画面左下のボタンを押すことで追加できます。追加後は、新しいカテゴリができ、また同じプロジェクトでは今後はする必要はありません。
+
拡張機能はエディター画面左下のボタンを押すことで追加できます。追加後は、新しいカテゴリができ、また同じプロジェクトでは、今後は自動的に読み込まれます。一つのプロジェクトで複数の拡張機能を使うこともできます。
  
 
=== どんな拡張機能が使えますか? ===
 
=== どんな拡張機能が使えますか? ===
プレビューではいくらかの開発中のバージョンが使えます。公式配信予定は以下の通りです:
+
ベータではさまざまな開発中のバージョンが使えます。そして多数はまだ開発中です。以下は例です:
* 音 楽器を演奏する
+
* 音 楽器やドラムを演奏する
 
* ペン スプライトで描く
 
* ペン スプライトで描く
 
* ビデオモーション カメラで動きを検知する
 
* ビデオモーション カメラで動きを検知する
* スピーチ:プロジェクトと話す
+
* 翻訳 文字列を他の言語に翻訳する
* LEGO WeDo 2.0: LEGO WeDo 2.0とつなぐ
+
* micro:bit micro:bitと接続する
* LEGO Boost: LEGO Boostとつなぐ
+
* LEGO マインドストーム EV3: ScratchをLEGO マインドストーム EV3に接続する
 +
 
  
 
=== 拡張機能はどうやって作れますか? ===
 
=== 拡張機能はどうやって作れますか? ===
112行目: 126行目:
  
 
== 環境 ==
 
== 環境 ==
Scratch 3.0はHTML5で動作し、Flashに依存しません。これにより、すべてのウェブブラウザで動作します。
+
Scratch 3.0はHTML5で動作し、Flashに依存しません。これにより、すべての最近のウェブブラウザで動作します。
  
 
=== サポートされたブラウザーは何ですか? ===
 
=== サポートされたブラウザーは何ですか? ===
121行目: 135行目:
 
* Safari 11+
 
* Safari 11+
  
Internet Explorerは動作を保証しません。
+
Internet Explorerは動作しません。
 +
 
 
==== タブレット ====
 
==== タブレット ====
 
* モバイル Chrome 62+
 
* モバイル Chrome 62+
127行目: 142行目:
  
 
=== Scratch 3.0はChromebookで動作しますか? ===
 
=== Scratch 3.0はChromebookで動作しますか? ===
はい。
+
はい。2019年の後半にChromebook用のオフラインエディターも発表します。
  
 
=== Scratch 3.0はタブレット端末で動作しますか? ===
 
=== Scratch 3.0はタブレット端末で動作しますか? ===
Scratch 3.0はパソコンとタブレット(iOS 11+, Android 6+)で動作します。タブレットでは、「()キーが押された」や右クリックは、公式配信に遅れて使えるようになる予定です。
+
Scratch 3.0はパソコンとタブレット(iOS 11+, Android 6+)で動作します。タブレットでは、「()キーが押された」や右クリックは、2019年の公式配信に遅れて使えるようになる予定です。
  
スマートフォンでは閲覧ができます。スマートフォンでの編集は作成中で、公式配信には含まれません。
+
スマートフォンでは閲覧ができます。スマートフォンでの作成編集はできません。
  
==== Internet Explorerはサポートされますか? ====
 
いいえ。利用者は更新前にブラウザーを乗り換えたほうがいいでしょう。
 
  
 
=== WebGLとは何ですか? なぜ必要ですか? ===
 
=== WebGLとは何ですか? なぜ必要ですか? ===
141行目: 154行目:
  
 
== 資料 ==
 
== 資料 ==
もしあなたが編集者なら、詳細を提供した上でアップデートへの準備ができます。
 
 
 
=== 本、ビデオ、またはプロジェクトを作りましたが、アップデートしたほうがいいですか? ===
 
=== 本、ビデオ、またはプロジェクトを作りましたが、アップデートしたほうがいいですか? ===
 
はい。多くの場合で更新が必要です。新機能を強調する新しいリソースも必要です。
 
はい。多くの場合で更新が必要です。新機能を強調する新しいリソースも必要です。
  
 
=== いつアップデートするとよいですか? ===
 
=== いつアップデートするとよいですか? ===
多くの機能をプレビューで配信することを予定しています。その時点をおすすめします。
+
ベータバージョンは安定していて機能はほぼ追加されています。2018年8月から12月のベータバージョンを使うことをおすすめします。
 +
 
 +
=== ウェブサイトに変更はありますか? ===
 +
「Scratchウェブサイトの変更点は何ですか?」を見てください。
  
 
== 開発者 ==
 
== 開発者 ==
154行目: 168行目:
  
 
=== Scratch 3.0用の拡張機能はどうやって作成しますか? ===
 
=== Scratch 3.0用の拡張機能はどうやって作成しますか? ===
Scratchチームは2018年後半に拡張機能の仕様とガイドラインを公開します。その後から、Scratch 3.0の拡張ライブラリへ入れられるか検討するためにScratchチームに拡張機能を送ることができます。
+
Scratchチームは2018年後半に拡張機能の仕様とガイドラインを公開します。その後から、Scratch 3.0の公式の拡張ライブラリへ入れられるか検討するためにScratchチームに拡張機能を送ることができます。2019年後半、非公式の拡張機能の開発と配布のガイドラインを発表します。これらは個々のコンピューターで使えますが、Scratchのコミュニティに共有できません。
  
 
=== scratchx.org はどうなりますか? ===
 
=== scratchx.org はどうなりますか? ===
164行目: 178行目:
 
== Scratch 1.4と2.0 ==
 
== Scratch 1.4と2.0 ==
 
=== Scratch 1.4と2.0はまだ使えますか? ===
 
=== Scratch 1.4と2.0はまだ使えますか? ===
オフラインエディターが利用できます。もっとかんたんにダウンロードできるように作業しています。
+
オフラインエディターが利用できます。もっとかんたんに発見し、ダウンロードできるように作業しています。
  
 
2.0のオフラインエディターで作ったプロジェクトはまだアップロードできます。3.0エディターで作られたプロジェクトは2.0や1.4では動作しません。(Scratch 2.0と1.4のように)
 
2.0のオフラインエディターで作ったプロジェクトはまだアップロードできます。3.0エディターで作られたプロジェクトは2.0や1.4では動作しません。(Scratch 2.0と1.4のように)
172行目: 186行目:
  
 
=== オフラインエディターを使っていますが、使い続け、アップロードすることはできますか? ===
 
=== オフラインエディターを使っていますが、使い続け、アップロードすることはできますか? ===
はい。
+
はい、できます。
 
 
=== Scratch 1.4と2.0はまだダウンロード可能ですか? ===
 
はい。これらのダウンロードは数年間サポートが継続されます。
 
  
[[カテゴリ:Scratch 3.0]]
+
[[カテゴリ:Scratchプログラム]]
 
[[カテゴリ:Scratchウェブサイト]]
 
[[カテゴリ:Scratchウェブサイト]]
 +
[[カテゴリ:独自記事]]
 +
[[カテゴリ:非公式訳]]{{デフォルトソート:Scratch 3.0 えたFAQ}}

2020年11月8日 (日) 08:50時点における版

このきじは ひらがなのページがあります。ひらがなでよむ
Warning
メモ:
この翻訳はCC BY-SA 2.0で利用できます。scratch:3faqより

Scratch 3.0 ベータFAQは、Scratch 3.0のアップデートに伴う情報を提供するページである。以下がその翻訳である。

概要

Scratch 3.0とは何ですか?

Scratch 3.0は、次のバージョンのScratchで、Scratchで作成する方法、場所を広げます。複数の新しいスプライト、根本的に作り変えたサウンドエディター、新しいプログラミングブロックなどが含まれます。そして、Scratchでは、デスクトップ/ノートパソコンに加え、タブレットでもプロジェクトの作成/閲覧が可能です!

ScratchウェブサイトはいつScratch 3.0に切り替えられますか?

公式配信は2019年1月2日を予定しています。

ベータバージョンとは何ですか?

ベータバージョンは新機能を試すため、準備をするためのものです。Scratchウェブサイトは含まれなく、Scratchのエディターのみが配信されます。

ベータバージョンの中身は何ですか?

エディターの主な機能のほとんどは追加されていますが、いくらかの重要な機能、たとえばコミュニティに共有する機能がまだ追加されていません。アカウントにサインインはできませんが、作ったプロジェクトはダウンロードして保存できます。今あるプロジェクトをベータ版で開くには、「2.0のプロジェクトを見る」を押してください。

すべての作品は3.0で動きますか?

はい。私たちは互換性を保つための努力をしています。現在Scratch 2.0の作品をScratch 3.0のプレビューバージョンで見ることができますが、変更の保存はできません。プロジェクトを開くには、プレビューのページへ行き、2.0のプロジェクトを見るを押してください。

ベータバージョンで保存と共有はできますか?

現在、プロジェクトはコンピューターに保存できますが、Scratchウェブサイト上での保存はできません。保存・共有は2019年1月2日の公式配信まで使えません。この日までは、scratch.mit.eduでのコミュニティは通常通り使用できます。

Scratchウェブサイトの変更点は何ですか?

ベータはエディターのみ提供しています。しかし、新しい機能をウェブサイトに追加することも検討しています。1月の公式配信では、新機能、新デザイン(特にトップページとプロジェクトページ)が追加されますが、現在利用できるすべての機能が維持されます。詳しい情報は、リリースの直前に共有します。

バグはどうやって報告できますか?

Scratch 3.0 Suggestions & Bug Reportsから、バグやフィードバックを報告できます。

Scratch 3.0も多言語対応ですか?

はい。エディターの言語を変えるには、上のバーの地球儀マークを押してドロップダウンリストから選んでください。

すべての翻訳はボランティアによって行われます。ベータバージョンではすでに40以上の言語に翻訳されていますが、いくつかはレビュー段階のままです。公式配信では完全にレビューされた言語のみをサポートします。

完全にレビューされた言語:アブハズ語,中国語(簡体, 繁体), チェコ語, デンマーク語, オランダ語, フランス語, ゲール語, アイルランド語, イタリア語, ノルウェー語, ポルトガル語, スペイン語, スロベニア語, スウェーデン語, ウクライナ語

すべての翻訳された言語は翻訳サーバーで確認できます。

翻訳やレビューを手伝える方は、translate@scratch.mit.edu まで連絡をお願いします。


新機能

ブロック

Scratch 3.0で廃止されるブロックはありますか?

いいえ。しかし、いくらかは少し変わり、他のいくらかは拡張機能に移動しました。下を参照して下さい。

では、新しいブロックは追加されますか?

もちろんです。 ベータバージョンで確認できます。

  • 音の効果
  • 文字列演算をしやすくする演算ブロック
  • 透明度対応のペンブロック
  • スプライトへ向かうブロック(または、ランダムな場所)
  • 新しい拡張機能(下の「拡張機能」を見てください)

なぜ3.0のブロックは大きいのですか?

タブレットでの動作を保証するために、ブロックを大きくしました。タップやドラッグ・ドロップがしやすくなっています。また、新しい利用者がクリックやドラッグで困らないように、Scratch 3.0ではわずかに大きいブロックが使われています。

インターフェース

インターフェースの変更点は何ですか?

使いやすくするために変更を行いました。

  • ブロックのリストをカテゴリを越えてスクロールできるようになりました。
  • ステージを右に移動しました。
  • スプライト、背景、拡張機能を追加する新しい方法が利用できるようにしました。
  • 「() 度に向ける」のようなブロックの入力がより視覚的で分かりやすくなりました。
  • 初心者にわかりやすくするため、すべてのプロジェクトは変数が1つ作成された状態で作成されるようにしました。
  • カラーピッカーの入力方法を多くしました。

ペンブロックや音楽のブロックはどこに行きましたか?

これらは拡張機能になりました。拡張機能は画面左下のボタンから追加できます。

スプライト、音、背景

新しいスプライトはありますか?

はい! イラストレーターや音楽家に頼んでいます。多くはすでにベータバージョンに追加されています。そしてまだまだ追加されます。以前のスプライト、音、背景はほとんど残るか似たものに置き換えられます。

ペイントエディター

ペイントエディターの新機能はありますか?

エディターを現在再設計し、さまざまな新機能を追加し、かつ使いやすくしています。これらが含まれます:

  • たくさんのツールが使え、より見やすいレイアウトが導入されます。
  • ベクターモードに、消しゴムのような新しい機能が追加されます。
  • 色の選択の入力方法が広がります。
  • ベクターモードに曲線などの機能が追加されます。
  • レイヤーの機能が強化され、最前面・最背面が指定できます。
  • 新しいグラデーション設定が追加されます。

サウンドエディター

サウンドエディターの新機能は何ですか?

再設計されて、録音や音の改変がしやすくなりました。以下の機能が追加されました:

  • 新しく使いやすい録音システム
  • 新しく使いやすいトリミングのシステム
  • 新しい音の効果(「速く」、「遅く」、「エコー」、「ロボット」など)

ヘルプ素材

Scratchのエディターでヘルプは利用できますか?

はい、ヘルプはエディター内で使えます。「チュートリアル」ボタンを押すと、いろいろなステップのチュートリアルがあるライブラリーに行きます。さまざまなプロジェクト、たとえば、「追いかけっこゲームを作る」に対応したものや、特定のブロック・機能に特化したもの(たとえば、「Make It Spin」や「音を録音する」)があります。

新しいScratcherはどうやって始めますか?

Scratch 3.0は初心者がやりやすいようにできています。初心者はチュートリアルの「さあ、始めましょう」ビデオを見ることができます。

Tipsはどうなりましたか?

今画面の右にあるようなTipsはなくなります。上のようなチュートリアルを使う予定です。

私が今使っている資料は更新されますか?

たくさんの本、ビデオ、チュートリアルが、第三者によって作られています。8月-12月のベータバージョンを、必要ならば資料に使うことを期待しています。資料の利用者は、作成者に資料の更新について連絡することを勧めます。

もしあなたが作成者なら、下の「資料と素材」を見てください。

拡張機能

拡張機能とは何ですか?

Scratch 3.0では、拡張機能という、追加のブロックを使用することができます。たとえば、現実のデバイス(micro:bitやLEGOロボティクスキットのようなもの)と接続するものや、Scratchプロジェクトにある言葉を翻訳するものです。新しい拡張機能は随時追加されるため、Scratchは日々成長します。

拡張機能はどうやって動作しますか?

拡張機能はエディター画面左下のボタンを押すことで追加できます。追加後は、新しいカテゴリができ、また同じプロジェクトでは、今後は自動的に読み込まれます。一つのプロジェクトで複数の拡張機能を使うこともできます。

どんな拡張機能が使えますか?

ベータではさまざまな開発中のバージョンが使えます。そして多数はまだ開発中です。以下は例です:

  • 音 楽器やドラムを演奏する
  • ペン スプライトで描く
  • ビデオモーション カメラで動きを検知する
  • 翻訳 文字列を他の言語に翻訳する
  • micro:bit micro:bitと接続する
  • LEGO マインドストーム EV3: ScratchをLEGO マインドストーム EV3に接続する


拡張機能はどうやって作れますか?

"開発者"を参照して下さい。

環境

Scratch 3.0はHTML5で動作し、Flashに依存しません。これにより、すべての最近のウェブブラウザで動作します。

サポートされたブラウザーは何ですか?

デスクトップ

  • Chrome 63+
  • Edge 15+
  • Firefox 57+
  • Safari 11+

Internet Explorerは動作しません。

タブレット

  • モバイル Chrome 62+
  • モバイル Safari 11+

Scratch 3.0はChromebookで動作しますか?

はい。2019年の後半にChromebook用のオフラインエディターも発表します。

Scratch 3.0はタブレット端末で動作しますか?

Scratch 3.0はパソコンとタブレット(iOS 11+, Android 6+)で動作します。タブレットでは、「()キーが押された」や右クリックは、2019年の公式配信に遅れて使えるようになる予定です。

スマートフォンでは閲覧ができます。スマートフォンでの作成編集はできません。


WebGLとは何ですか? なぜ必要ですか?

WebGLはブラウザの技術で、Scratch 3.0をステージに描画するためのエンジンです。いくらかの古いコンピューターやOSはサポートしません。これらの場合には、Scratch 2.0 オフラインエディターをおすすめします。

資料

本、ビデオ、またはプロジェクトを作りましたが、アップデートしたほうがいいですか?

はい。多くの場合で更新が必要です。新機能を強調する新しいリソースも必要です。

いつアップデートするとよいですか?

ベータバージョンは安定していて機能はほぼ追加されています。2018年8月から12月のベータバージョンを使うことをおすすめします。

ウェブサイトに変更はありますか?

「Scratchウェブサイトの変更点は何ですか?」を見てください。

開発者

Scratch 3.0拡張機能システムとは何ですか? 開発者はいつ使えますか?

Scratch 3.0にはScratchチームが新しく設計した拡張機能システムが組みこまれます。これによって開発者はScratchプログラミングエディタと様々なデバイスやサービスとを接続できるようになります。

Scratch 3.0用の拡張機能はどうやって作成しますか?

Scratchチームは2018年後半に拡張機能の仕様とガイドラインを公開します。その後から、Scratch 3.0の公式の拡張ライブラリへ入れられるか検討するためにScratchチームに拡張機能を送ることができます。2019年後半、非公式の拡張機能の開発と配布のガイドラインを発表します。これらは個々のコンピューターで使えますが、Scratchのコミュニティに共有できません。

scratchx.org はどうなりますか?

Scratch 3.0ですべての実験的拡張に対応できた後はScratchXのサポートを終了するつもりなので、そのときは開発者やユーザーはScratch 3.0へ移行することになります。

ScratchXの拡張機能がScratch 3.0で使えるということですか?

いいえ。ScratchXやScratch 2.0の拡張機能とは互換性がありません。

Scratch 1.4と2.0

Scratch 1.4と2.0はまだ使えますか?

オフラインエディターが利用できます。もっとかんたんに発見し、ダウンロードできるように作業しています。

2.0のオフラインエディターで作ったプロジェクトはまだアップロードできます。3.0エディターで作られたプロジェクトは2.0や1.4では動作しません。(Scratch 2.0と1.4のように)

Scratch 2.0は公式配信に伴いどうなりますか?

オンラインバージョンは利用できなくなります。すべてのプロジェクトは3.0へ移行されます。

オフラインエディターを使っていますが、使い続け、アップロードすることはできますか?

はい、できます。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。