提供: Japanese Scratch-Wiki

< Scratch 3.0の拡張機能を作ってみよう

2018年12月23日 (日) 15:21時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{ひらがなヘッダ}} '''Scratch 3.0の拡張機能 (3.0)'''を作るためには、下準備が必要である。なお、空き容量は5GBほどあれば十...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する

Scratch 3.0の拡張機能を作るためには、下準備が必要である。なお、空き容量は5GBほどあれば十分である。

必要なもののインストール

最低限以下が必要である。なお、LinuxやMacでは既にインストールされている場合がある。

  • Node.js バージョン8をインストールすると良い。
  • Git

Node.jsのインストール時には、npmもインストールし、また、環境変数PATHに追加することもおすすめする。

GitをWindowsで使うときはコマンドプロンプトで使うよう設定する。

ダウンロード

どこかにフォルダを作る。(ターミナルで行きやすい、ドライブ直下がおすすめ。)そのフォルダ内で、以下を実行する。($は入力しない) <sh lang="sh"> $ git clone --depth 1 https://github.com/llk/scratch-vm.git $ git clone --depth 1 https://github.com/llk/scratch-gui.git </sh>

npm install

以下を実行する。

Warning メモ: 過去にNode.jsを使ったことがある場合は、node_modulesフォルダが共有され、混乱が起きる可能性がある。node_modulesのフォルダ(Windows: %LOCALAPPDATA%\npm\node_modules)は、拡張機能の作業中は名前の変更などで退避させておく。

<sh lang="sh"> $ cd scratch-vm $ npm i $ npm link $ cd ..\scratch-gui $ npm i $ npm link scratch-vm </sh>

これで第一段階は終了である。