提供: Japanese Scratch-Wiki

(存在していたブロック)
(存在していたブロック)
16行目: 16行目:
 
以下のスプリクトで代用できる事から2.0で廃止になった。
 
以下のスプリクトで代用できる事から2.0で廃止になった。
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
 +
ずっと
 
もし <> なら
 
もし <> なら
ずっと
 
 
end
 
end
 
end
 
end
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
 +
なお、上のスクリプトを見てもらうとわかるように、もし()ならとずっとの意味が反転している。
 
*うるさい
 
*うるさい
 
<sb><うるさい::sensing></sb>というブロックが存在していた。
 
<sb><うるさい::sensing></sb>というブロックが存在していた。

2017年9月9日 (土) 04:37時点における版

ファイル:Scratch1.4.PNG
Scratch1.4を起動した時の画像。

Scratch 1.4とはScratch 2.0よりも前のバージョンであり、ほとんどの変換用ソフトウェアに対応している。 また、ここでダウンロードできる。Scratch 1.4のプロジェクトの拡張子は.sbである。

必要スペック

ディスプレイ
800 x 480 又はそれ以上(16ビットカラー 又はそれ以上)
必要OS
Windows 2000 以上,/Mac OS X 10.4 又はそれ以上/ Ubuntu Linux 9.04 又はそれ以上(これ以外のバージョンのLinuxのOSはインストールページを参照)
ストレージの容量
120MB以上の空き容量が必要
CPUとメモリ
ほとんどのPCでサポートされている(古いパソコンだと処理に時間がかかる)
音/ビデオ
スピーカー、又はヘッドフォン、そして録音するにはマイクが必要。Scratch 1.4はUSBカメラに対応している。(Webカメラにも対応)

存在していたブロック

  • もし () なら、ずっと

もし<>なら、ずっと{}::controlというブロックが存在していた。 以下のスプリクトで代用できる事から2.0で廃止になった。

ずっと
もし <> なら
end
end

なお、上のスクリプトを見てもらうとわかるように、もし()ならとずっとの意味が反転している。

  • うるさい

<うるさい::sensing>というブロックが存在していた。 以下のスプリクトで代用できる事から2.0で廃止になった。

<(音量::sensing) > [20]>

その他多少の表記の変更などがあった。