提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「{{廃止された機能||cat=Yes}} <html> <div> <table border="1" width="200" cellspacing="0" cellpadding="5" bordercolor="#aaaaaa"> <tr> <th bgcolor="#eeeeee"><font colo...」)
 
1行目: 1行目:
 
{{廃止された機能||cat=Yes}}
 
{{廃止された機能||cat=Yes}}
<html>
+
{{フレーム|inside={{画像募集中}}|align=right|caption=Scratch 1.0}}
<div>
+
'''Scratch 1.0'''は、2007年に公開された、'''Scratchの一番初めのバージョンである。'''
<table border="1" width="200" cellspacing="0" cellpadding="5" bordercolor="#aaaaaa">
+
Scratch 1.0には、データ・その他ブロックが存在せず、以下8つの種類のみだった。
<tr>
+
 
<th bgcolor="#eeeeee"><font color="#000000"></html>{{画像募集中}}<html></font></th>
 
</table>
 
<table border="1" width="200" cellspacing="0" cellpadding="5" bordercolor="#aaaaaa">
 
<th bgcolor="#eeeeee"><font color="#000000">scratch1.0</font></th>
 
</tr>
 
</table>
 
</div>
 
</html>
 
scratch1.0は、2007年に公開された、'''scratchの一番初めのバージョンである。'''
 
scratch1.0には、データ・その他ブロックが存在せず、以下8つの種類のみだった。
 
 
*[[動きブロック]]
 
*[[動きブロック]]
 
*[[見た目ブロック]]
 
*[[見た目ブロック]]
23行目: 13行目:
 
*[[イベントブロック]]
 
*[[イベントブロック]]
  
scratch1.0に使われているプログラミング言語は、[[scratch1.4]]と同じ[[プログラミング言語#Squeak|Squeak]]が使用されている。
+
Scratch 1.0に使われているプログラミング言語は、[[Scratch 1.4]]と同じ[[プログラミング言語#Squeak|Squeak]]が使用されている。
  
== scratch1.4との違い ==
+
== Scratch 1.4との違い ==
*ブロックは全部で95個あり、
+
* ブロックは全部で95個あり、キャップブロックが存在せず、現在のキャップブロックは全てスタックブロックであった。
キャップブロックが存在せず、現在のキャップブロックは全てスタックブロックであった。
+
* コメント機能がない。
*コメント機能がない。
+
* 「ドラッグできるスプライト」がない。
*「ドラッグできるスプライト」がない。
+
* スプライトのサムネイル(ステージを含む)には、サムネイル、名前、衣装の量、およびスクリプトの量が表示される。
*スプライトのサムネイル(ステージを含む)には、サムネイル、名前、衣装の量、およびスクリプトの量が表示される。
 
  
 
== 現行バージョンとの違い ==
 
== 現行バージョンとの違い ==
*コスチューム・音楽を削除するブロックは、「コスチュームを削除」のような、ボタンだった。
+
* コスチューム・音楽を削除するブロックは、「コスチュームを削除」のような、ボタンだった。
  
{{テンプレート:Scratch Versions}}
+
{{Scratch Versions}}
 +
[[カテゴリ:Scratchのバージョン]]
 +
[[en:Scratch 1.4]][[de:Scratch 1.0 und früher]][[ru:Скретч 1.0]]

2018年3月23日 (金) 04:44時点における版

Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。
画像募集中.png
Scratch 1.0

Scratch 1.0は、2007年に公開された、Scratchの一番初めのバージョンである。 Scratch 1.0には、データ・その他ブロックが存在せず、以下8つの種類のみだった。

Scratch 1.0に使われているプログラミング言語は、Scratch 1.4と同じSqueakが使用されている。

Scratch 1.4との違い

  • ブロックは全部で95個あり、キャップブロックが存在せず、現在のキャップブロックは全てスタックブロックであった。
  • コメント機能がない。
  • 「ドラッグできるスプライト」がない。
  • スプライトのサムネイル(ステージを含む)には、サムネイル、名前、衣装の量、およびスクリプトの量が表示される。

現行バージョンとの違い

  • コスチューム・音楽を削除するブロックは、「コスチュームを削除」のような、ボタンだった。


Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。