提供: Japanese Scratch-Wiki

(間違い修正)
(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) Scratch 1.0 --> Scratch 1.0)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
{{廃止された機能||cat=Yes}}
+
{{ひらがなヘッダ}}{{廃止された機能||cat=Yes}}
 
[[file:Scratch 1.0.png|200px|thumb|rit|Scratch1.0]]
 
[[file:Scratch 1.0.png|200px|thumb|rit|Scratch1.0]]
 
'''Scratch 1.0'''は、2007年に公開された、'''Scratchの一番初めのバージョンである。'''
 
'''Scratch 1.0'''は、2007年に公開された、'''Scratchの一番初めのバージョンである。'''
Scratch 1.0には、データ・その他ブロックが存在せず、以下8つの種類のみだった。
+
 
 +
しかしながら、Scratch 1.0サポート終了に伴い、正規の方法で入手することはできない。
 +
 
 +
Scratch 1.0には、イベント・その他ブロックが存在せず、以下8つの種類のみだった。
  
 
*[[動きブロック]]
 
*[[動きブロック]]
26行目: 29行目:
 
{{Scratch Versions}}
 
{{Scratch Versions}}
 
[[カテゴリ:Scratchのバージョン]]
 
[[カテゴリ:Scratchのバージョン]]
[[en:Scratch 1.4]][[de:Scratch 1.0 und früher]][[ru:Скретч 1.0]]
+
[[en:Scratch 1.4]][[de:Scratch 1.0 und früher]][[ru:Скретч 1.0]]{{デフォルトソート:Scratch 1.0}}

2019年9月25日 (水) 03:07時点における最新版

このきじは ひらがなのページがあります。ひらがなでよむ
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。
Scratch1.0

Scratch 1.0は、2007年に公開された、Scratchの一番初めのバージョンである。

しかしながら、Scratch 1.0サポート終了に伴い、正規の方法で入手することはできない。

Scratch 1.0には、イベント・その他ブロックが存在せず、以下8つの種類のみだった。

Scratch 1.0に使われているプログラミング言語は、Scratch 1.4と同じSqueakが使用されている。

Scratch 1.4との違い

  • ブロックは全部で95個あり、キャップブロックが存在せず、現在のキャップブロックは全てスタックブロックであった。
  • コメント機能がない。
  • 「ドラッグできるスプライト」がない。
  • スプライトのサムネイル(ステージを含む)には、サムネイル、名前、衣装の量、およびスクリプトの量が表示される。

現行バージョンとの違い

  • コスチューム・音楽を削除するブロックは、「コスチュームを削除」のような、ボタンだった。