提供: Japanese Scratch-Wiki

6行目: 6行目:
 
== 変数 ==
 
== 変数 ==
 
レポーターステージモニターを使用した新しいバージョンのScratchとは異なり、Scratch0.1は事前定義された変数を提供するだけでした。変数「x」、「y」、「layer」、「heading」、「width」、「height」、「xScale」、「yScale」、「transparency」、および「penSize」はデフォルトで作成されたものであり、作成できませんでした。削除され、関連付けられたブロックによって定義された値を保持します。追加の変数は、手動で作成および削除できます。
 
レポーターステージモニターを使用した新しいバージョンのScratchとは異なり、Scratch0.1は事前定義された変数を提供するだけでした。変数「x」、「y」、「layer」、「heading」、「width」、「height」、「xScale」、「yScale」、「transparency」、および「penSize」はデフォルトで作成されたものであり、作成できませんでした。削除され、関連付けられたブロックによって定義された値を保持します。追加の変数は、手動で作成および削除できます。
 +
 +
[[カテゴリ:Scratchのバージョン]]

2020年9月28日 (月) 00:43時点における版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

2004年2月14日に作成されたScratch0.1は、Scratchの最初のバージョンでした。それは、作成されてからかなり経つまで一般に公開されませんでした。

機能

Scratch 0.1はScratchの最初のリリースであったため、すべての機能が新しくなっています。 Scratch 0.1には、コントロール、数学、マウス/キーボード、モーション、センシング、変数、スクリプトの7つのカテゴリがありました。 Scratch 0.1には、合計43個のブロックが含まれていました。

変数

レポーターステージモニターを使用した新しいバージョンのScratchとは異なり、Scratch0.1は事前定義された変数を提供するだけでした。変数「x」、「y」、「layer」、「heading」、「width」、「height」、「xScale」、「yScale」、「transparency」、および「penSize」はデフォルトで作成されたものであり、作成できませんでした。削除され、関連付けられたブロックによって定義された値を保持します。追加の変数は、手動で作成および削除できます。