提供: Japanese Scratch-Wiki

2021年6月20日 (日) 14:42時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{ひらがなヘッダ}} {{stub}} '''Scratch エデュケーション・コラボレーティブ'''(Scratch Education Collaborative)は、2020年12月のCSEdWeekに始…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目に加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています。

Scratch エデュケーション・コラボレーティブ(Scratch Education Collaborative)は、2020年12月のCSEdWeekに始まったScratchの企画である。黒人、ラテン系など、歴史的に疎外されたコミュニティーを支援する非営利団体等に、ワークショップ等を提供するものである。Scratch エデュケーション・コラボレーティブは、Googleの慈善団体Google.orgの、500万ドル(当時の相場で約5億1000万円)の助成金をもとに行われている。パイロットイヤーである2021年には、5団体が選ばれる。[1]

出典

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。