提供: Japanese Scratch-Wiki

(情報追加)
1行目: 1行目:
 +
{{外部リンク}}
 
{{stub}}
 
{{stub}}
== 概要 ==
+
'''ScratchJr'''とは、無料のアプリケーションであり、5歳~7歳が自分自身で対話型の物語やゲームを作成することができる、入門用のプログラミング言語<ref name=スクラッチジュニアについて>[https://www.scratchjr.org/about/info スクラッチジュニアについて(情報)]</ref>である。 タフツ大学、 MITメディアラボのLifelong Kindergartenグループ、Playful Invention Companyが共同開発した<ref name=スクラッチジュニアについて/>。現在、一部端末を除きApp Store、Google Play、Chrome ウェブストア、amazonで入手できる。ウェブ版は、まだ計画の初期段階<ref>[https://www.scratchjr.org/about/faq スクラッチジュニアについて(FAQ)]</ref>である。
ScratchJr は、2014年7月にipadで公開された携帯端末版Scratchである。
+
 
ScratchJr は、五歳から七歳向けに作られている。
+
== 出典・参考 ==
 +
<references/>
 +
 
 +
== 外部リンク ==
 +
[https://www.scratchjr.org/ スクラッチジュニア - ホーム]
 +
 
 +
[[カテゴリ:拡張機能]]
 +
[[en:ScratchJr]]
 +
[[de:ScratchJr]]
 +
[[nl:ScratchJr]]

2017年10月23日 (月) 03:09時点における版

SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。
Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

ScratchJrとは、無料のアプリケーションであり、5歳~7歳が自分自身で対話型の物語やゲームを作成することができる、入門用のプログラミング言語[1]である。 タフツ大学、 MITメディアラボのLifelong Kindergartenグループ、Playful Invention Companyが共同開発した[1]。現在、一部端末を除きApp Store、Google Play、Chrome ウェブストア、amazonで入手できる。ウェブ版は、まだ計画の初期段階[2]である。

出典・参考

  1. 1.0 1.1 スクラッチジュニアについて(情報)
  2. スクラッチジュニアについて(FAQ)

外部リンク

スクラッチジュニア - ホーム