提供: Japanese Scratch-Wiki

(ボットによる: ru:Кот Скретч を追加)
28行目: 28行目:
 
#[http://wiki.scratch.mit.edu/wiki/Scratch_Cat#Scratch_Cat_Jr Scratch Cat]
 
#[http://wiki.scratch.mit.edu/wiki/Scratch_Cat#Scratch_Cat_Jr Scratch Cat]
 
#[http://wiki.scratch.mit.edu/wiki/404_Error 404 Error]
 
#[http://wiki.scratch.mit.edu/wiki/404_Error 404 Error]
 
  
 
[[de:Scratch Katze]]
 
[[de:Scratch Katze]]
 
[[en:Scratch Cat]]
 
[[en:Scratch Cat]]
[[id:Kucing Scratch ]]
+
[[id:Kucing Scratch]]
 +
[[ru:Кот Скретч]]

2015年10月21日 (水) 22:17時点における版

スクラッチ猫の高品質なレンダリング。(作者:Wing Ngan)
スクラッチキャットはScratchのマスコットであり、新しいプロジェクトを開くとスクラッチ猫のスプライトが自動的に作られます。

また、新しいアカウントを作った時のデフォルトのアイコンでもある。 スクラッチキャットはMITの商標です。


色んなところに使われるスクラッチキャット

スクラッチキャットはスクラッチの中のいたるところに使われています。


プロジェクトに使われるスクラッチキャット

35000以上のスクラッチプロジェクトに使われているスクラッチキャットはプロジェクトのチュートリアルに使われるのでプロジェクトを作成する際に

スクラッチキャットを使うとたくさんのユーザーを集めることが出来ます。


404エラーに使われるスクラッチキャット

404エラーの時に表示されていた灰色のスクラッチキャット

 もしスクラッチ公式ウェブサイトの中で存在しないページを読み込んだ場合404エラーが起きますがそれにも以前は灰色のスクラッチキャットが
使われていました。


引用

  1. Scratch Cat
  2. 404 Error