提供: Japanese Scratch-Wiki

(文を要約)
16行目: 16行目:
 
=== 404エラーに使われるScratchキャット ===
 
=== 404エラーに使われるScratchキャット ===
 
[[ファイル:スクラッチサイトエラー.png|thumb|120px|404エラーの時に表示されていた灰色のScratchキャット]]
 
[[ファイル:スクラッチサイトエラー.png|thumb|120px|404エラーの時に表示されていた灰色のScratchキャット]]
もしスクラッチ公式ウェブサイトの中で存在しないページを読み込んだ場合404エラーが起きますがそれにも以前は灰色のスクラッチキャットが使われていました。
+
スクラッチのウェブサイト内で存在しないページを読み込んだときの404エラーにも灰色のスクラッチキャットが使われていました。
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==

2017年7月22日 (土) 09:46時点における版

Scratchキャットの高品質なレンダリング。(作者:Wing Ngan)

ScratchキャットScratchのマスコットで、新しいScratchプロジェクトを開いたときのデフォルトのスプライトである[1]。これはScratch1.4を除き変更できない。これは新しいScratchアカウントのデフォルトアイコンのシルエットでもあり、人間のシルエットを示した以前のバージョンから置き換わった[2]。ScratchキャットはMITの商標であり[3]、Wing Nganによって描かれた[4]。ScratchチームのメンバーCeebeeさんによると、Scratchキャットはバイナリではなく、性別で男性または女性と厳密には区別されない[5]

色んなところに使われるScratchキャット

Scratchキャットはスクラッチの中のいたるところに使われています。

プロジェクトに使われるScratchキャット

35000以上のScratchプロジェクトに使われているScratchキャットはプロジェクトのチュートリアルに使われるのでプロジェクトを作成する際にScratchキャットを使うとたくさんのユーザーを集めることが出来ます。

404エラーに使われるScratchキャット

404エラーの時に表示されていた灰色のScratchキャット

スクラッチのウェブサイト内で存在しないページを読み込んだときの404エラーにも灰色のスクラッチキャットが使われていました。

関連項目

出典

  1. Scratch 1.4リファレンスガイド > Scratchインターフェース > 新しいスプライト
  2. フォーラムのスレッド: [https://scratcharchive.asun.co/forums/viewtopic.php?id=26628 Thanks to Yickpoo for creating the new default avatar]
  3. Scratch 1.4ライセンス
  4. http://scratch.mit.edu/projects/10001345/
  5. https://scratch.mit.edu/projects/103415695/#comments-57351742