提供: Japanese Scratch-Wiki

2020年6月9日 (火) 08:07時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
注目の記事.png この記事は2020年1月の注目の記事です。
SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。
分岐.png:この項目はAndroidやChromeOS上で動くScratch 3.0アプリを説明しています。その他の用例については、Scratchアプリ (曖昧さ回避)をご覧ください。

アプリの「ロビー」
ロゴ

Scratchアプリは、Androidタブレット・Chromebook上で動くScratch 3.0のアプリである。2019年6月30日時点で、「Scratch Android」の名で翻訳のプロジェクトが立ち上げられていた。リリースは2019年10月7日の予定だったが、実際は同年11月21日であった。

Scratchアプリは、Google Playからのみ入手できる。iOS版はまだない。

動作必須・推奨環境

必須:

  • Androidタブレット(スマートフォンでは使用できない)かChromebook
  • Androidタブレットの場合、Android 6.0以上

推奨:

  • Bluetooth - micro:bitなどに接続するときに必要
  • 位置情報サービス - micro:bitなどに接続するときに必要
  • インターネット接続 - Scratchウェブサイトにプロジェクトを共有するときに必要
  • カメラ - 撮影やビデオモーションセンサー拡張機能に必要
  • マイク - 録音や音量ブロックに必要

ロビー

ロビー
メニュー

ロビーには、Scratchアプリで作ったり読み込んだりしたプロジェクトが表示される。プロジェクトのサムネイルと名前、変更日時が表示される。また、三点メニューを押すとプロジェクトの共有・複製・削除ができる。

「+」ボタンでプロジェクトを作成でき、またプロジェクトを読み込むこともできる。

Scratch Link機能

Scratchアプリには、Scratch Linkの機能が内蔵されているため、Scratchアプリ内では、インターネット接続なしでmicro:bitなどに接続できる。なお、タブレットやChromebookのブラウザーでは、Bluetoothデバイスにはまだ接続できない。

外部リンク