提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年12月12日 (木) 08:24時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。

Scratchで判別できるキー一覧では、() キーが押されたときブロックなどで判別できるキーを示す。なお、Makey Makey拡張機能でも、選択肢は少ないが、() と ()などを挿入すれば同じように使える。

選択メニューにあらかじめ用意されているもの

  • 上向き矢印キー
  • 下向き矢印キー
  • 右向き矢印キー
  • 左向き矢印キー
  • スペースキー
  • 0-9
  • A-Z
  • どれかの(「どれかの」が挿すキーは下にあります)

Enterキーなど

Scratch 3.0では、Enterキーを判別できるが、そのためには([ent]と[er])のようなブロックを、() キーが押されたブロックか、Makey Makey拡張機能の() キーが押されたときブロックに入れなければならない。

同じことは、!などのキーボードにある記号でもできる。もちろん、選択メニューにある文字でもいい。

どれかのキーが挿すキー

Scratch 3.0では、「どれかの」を選ぶと上にあるキーを判別する。すなわち:

  • 選択メニューにあるキー(「どれかの」以外)
  • Enter
  • =~|`{+*}<>?-^\@[;:],./

Scratch 2.0限定

Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

Scratch 2.0で、以下のキーは「どれかの」で判別できた。

  • Shift
  • Ctrl(Mac:Command)
  • Windows
  • Tab
  • Delete
  • Alt
  • コンテキストキー
  • F1-F12
  • Scroll Lock
  • Insert
  • Backspace
  • NumLock
  • Home
  • End
  • 無変換
  • 変換