提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年11月29日 (金) 09:35時点におけるT-takumini (トーク | 投稿記録)による版 (デフォルトソートの整備(Botによる自動編集))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

PicoBoard(ピコボード)は、Scratchのセンサーボードとして広く知られているハードウェアである。 ボードには、主に赤や黄色が使用されていて、ボード一枚に様々なセンサーを搭載しており、様々な情報を取得できる。

以前はScratchBoardという名称だった。

現在このボードはScratch 1.4,2.0で動作する。

PicoBoardの機能のセンサー

ピコボード
  • スライダ:スライダの値を検出する。
  • 光センサー:光の強さを検出する。
  • ボタン:ボタンの押されたか検出する。
  • 音量センサー:周囲の音量を検出する。音量::sensingと同じ。
  • ワニ口クリップ:クリップに接続があるか、各接続にどれだけの抵抗があるか検出する。

セットアップと利用

Warning
警告:
PicoBoardは、45ドル程度(4500円程度)と高価です。保護者と相談したうえで購入してください。

PicoBoardは、SparkFun PicoBoard - WIG-11888 - SparkFun Electronicsで購入することができる。

セットアップ方法は、ヘルプに詳しく書かれている。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。