提供: Japanese Scratch-Wiki

(ボットによる: 「ru:Расширения Скретч」を追加)
(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集)PicoBoardブロック --> PicoBoardふろつく)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
'''PicoBoardブロック'''(以前はセンサーボードブロックとして知られていた)は[[Scratch 2.0]]の[[その他ブロック|その他ブロックカテゴリ]]のサブカテゴリで、PicoBoardと一緒に使用することができる。ブロックの色は濃いグレーになっている。 これらのブロックのいくつかは、2.0以前[[調べるブロック|調べるパレット]]にあった。
+
{{ひらがなヘッダ}}{{廃止された機能}}'''PicoBoardブロック'''(以前はセンサーボードブロックとして知られていた)は[[Scratch 2.0]]の[[その他ブロック|その他ブロックカテゴリ]]のサブカテゴリで、PicoBoardと一緒に使用することができた。ブロックの色は濃いグレーになっていた。 これらのブロックのいくつかは、2.0以前[[調べるブロック|調べるパレット]]にあった。
  
現在4つのPicoBoardブロック: 2つの[[ハットブロック]]、1つの[[真偽ブロック]]、1つの[[値ブロック]]が存在する。[[演算ブロック]]と同じく、[[スタックブロック]]は含まれていない。
+
4つのPicoBoardブロック: 2つの[[ハットブロック]]、1つの[[真偽ブロック]]、1つの[[値ブロック]]が存在していた。[[演算ブロック]]と同じく、[[スタックブロック]]は含まれていなかった。
  
 
==PicoBoardブロックを表示する==
 
==PicoBoardブロックを表示する==
 
[[File:拡張機能を追加ボタン.png|frame|「拡張機能を追加」ボタン。]]
 
[[File:拡張機能を追加ボタン.png|frame|「拡張機能を追加」ボタン。]]
PicoBoardブロックはデフォルトでは表示されない。その他カテゴリの「拡張機能を追加」ボタンをクリックすると出現する。PicoBoardブロックは、その他タブのカスタムブロックの下に追加される。PicoBoardブロックのドロップダウンメニューで「拡張ブロックを削除」をクリックすると、非表示にすることができる。
+
PicoBoardブロックはデフォルトでは表示されなかった。その他カテゴリの「拡張機能を追加」ボタンをクリックすると出現した。PicoBoardブロックは、その他タブのカスタムブロックの下に追加された。PicoBoardブロックのドロップダウンメニューで「拡張ブロックを削除」をクリックすると、非表示にすることができた。
  
これらのブロックはPicoBoardでしか使用できないが、PicoBoardなしでも見ることができる。
+
これらのブロックはPicoBoardでしか使用できなかったが、PicoBoardなしでも見ることができた。
  
 
==ブロック==
 
==ブロック==
 
{{メモ|ブロックをクリックしてそれぞれの説明を見ることができます。}}
 
{{メモ|ブロックをクリックしてそれぞれの説明を見ることができます。}}
Scratch 2.0には次の2つのPicoBoardハットブロックが存在する:
+
Scratch 2.0には次の2つのPicoBoardハットブロックが存在した:
  
*[[() とき (ブロック)|<sb>[ボタンが押された v] とき</sb>]]
+
*[[() とき (PicoBoardブロック)|<sb>[ボタンが押された v] とき</sb>]]
 
*[[() () () のとき (ブロック)|<sb>[スライダー v] [> v] (50) のとき</sb>]]
 
*[[() () () のとき (ブロック)|<sb>[スライダー v] [> v] (50) のとき</sb>]]
  
Scratch 2.0には次の1つのPicoBoard真偽ブロックが存在する:
+
Scratch 2.0には次の1つのPicoBoard真偽ブロックが存在した:
  
 
*[[() (PicoBoardブロック)|<sb><[ボタンが押された v] ::extension></sb>]]
 
*[[() (PicoBoardブロック)|<sb><[ボタンが押された v] ::extension></sb>]]
  
Scratch 2.0には次の1つのPicoBoard値ブロックが存在する:
+
Scratch 2.0には次の1つのPicoBoard値ブロックが存在した:
  
 
*[[() センサーの値 (ブロック)|<sb>[スライダー v] センサーの値</sb>]]
 
*[[() センサーの値 (ブロック)|<sb>[スライダー v] センサーの値</sb>]]
35行目: 35行目:
 
[[en:PicoBoard Blocks]]
 
[[en:PicoBoard Blocks]]
 
[[fr:Scratch Wiki Accueil/les blocs/extensions]]
 
[[fr:Scratch Wiki Accueil/les blocs/extensions]]
[[ru:Расширения Скретч]]
+
[[ru:Расширения Скретч]]{{デフォルトソート:PicoBoardふろつく}}

2019年8月21日 (水) 01:04時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
Archive.png この項目には、最新バージョンのScratchには存在しない機能について書かれています。現在は使うことができないので、注意してください。

PicoBoardブロック(以前はセンサーボードブロックとして知られていた)はScratch 2.0その他ブロックカテゴリのサブカテゴリで、PicoBoardと一緒に使用することができた。ブロックの色は濃いグレーになっていた。 これらのブロックのいくつかは、2.0以前調べるパレットにあった。

4つのPicoBoardブロック: 2つのハットブロック、1つの真偽ブロック、1つの値ブロックが存在していた。演算ブロックと同じく、スタックブロックは含まれていなかった。

PicoBoardブロックを表示する

「拡張機能を追加」ボタン。

PicoBoardブロックはデフォルトでは表示されなかった。その他カテゴリの「拡張機能を追加」ボタンをクリックすると出現した。PicoBoardブロックは、その他タブのカスタムブロックの下に追加された。PicoBoardブロックのドロップダウンメニューで「拡張ブロックを削除」をクリックすると、非表示にすることができた。

これらのブロックはPicoBoardでしか使用できなかったが、PicoBoardなしでも見ることができた。

ブロック

Warning
メモ:
ブロックをクリックしてそれぞれの説明を見ることができます。

Scratch 2.0には次の2つのPicoBoardハットブロックが存在した:

Scratch 2.0には次の1つのPicoBoard真偽ブロックが存在した:

Scratch 2.0には次の1つのPicoBoard値ブロックが存在した:

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。