提供: Japanese Scratch-Wiki

(特徴: 元記事の内容は、micro:bitの全体的な特徴ではなく、Scratch 3.0から利用できる特徴のみだったので、そのようにリライトしました。)
(一般的な表現、公式の表現に揃えつつ、情報を整理しました。)
1行目: 1行目:
{{about|基板|拡張機能|micro:bit拡張機能}}
+
{{about|ハードウェア|拡張機能|micro:bit拡張機能}}
 
{{ひらがなヘッダ}}{{リリース前の情報}}
 
{{ひらがなヘッダ}}{{リリース前の情報}}
 
{{外部リンク}}{{小文字}}
 
{{外部リンク}}{{小文字}}
 
[[ファイル:Micro-bit-icon.png|300px|thumb|rit|micro:bitのScratch 3.0でのアイコン]]
 
[[ファイル:Micro-bit-icon.png|300px|thumb|rit|micro:bitのScratch 3.0でのアイコン]]
micro:bit(マイクロ ビット)は、学校で使用するためにBBCで設計された、ライト・ボタン・傾きセンサー・加速度センサー・端子を組み込んだ小さい回路基板である。
+
micro:bit (マイクロ ビット)は、教育現場で使用するためにBBCが主体となって設計した、LEDライト・ボタン・無線通信機能 (BLE)・傾きセンサー・加速度センサー・磁気センサー・明度センサー・入出力端子を備えたシングルボードコンピュータ (基板サイズ 4 cm × 5 cm)である。
  
 
== Scratchから利用できる機能 ==
 
== Scratchから利用できる機能 ==
13行目: 13行目:
 
*'''入力端子''':ワニ口クリップなどで簡単に接続できる3つのIOリングを備えている。これらの端子がGND端子と通電したときに、Scratch上のイベントを発生させることができる。(本来のmicro:bitの機能としては、これらのIOリングを出力端子として使用することもできるが、Scratch 3.0では現在、入力端子としてのみ制御できる)
 
*'''入力端子''':ワニ口クリップなどで簡単に接続できる3つのIOリングを備えている。これらの端子がGND端子と通電したときに、Scratch上のイベントを発生させることができる。(本来のmicro:bitの機能としては、これらのIOリングを出力端子として使用することもできるが、Scratch 3.0では現在、入力端子としてのみ制御できる)
  
== 使用法 ==
+
== Scratchでの使用方法 ==
ブロックは[[Scratch 3.0]]で使用できる。接続方法は[[micro:bitの接続]]を参照。
+
[[Scratch 3.0]]の拡張機能を使用すると、micro:bitをScratchのブロックを使って制御できる。くわしい接続方法は[[micro:bitの接続]]を参照。
  
 
== micro:bit の購入 ==
 
== micro:bit の購入 ==

2018年12月10日 (月) 03:41時点における版

分岐.png:この項目はハードウェアを説明しています。拡張機能については、micro:bit拡張機能をご覧ください。

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Clock.png この記事には、リリース前のScratchに関する情報があり、変更される可能性があります。根拠のない情報を防ぐために、出典を明記して下さい。

SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイトまたはWikipedia,Scratch Wiki以外へのリンクがあります。 他のサイトの安全を保証することはできないため、インターネットを使用する際は常に安全を忘れないようにしてください。
micro:bitのScratch 3.0でのアイコン

micro:bit (マイクロ ビット)は、教育現場で使用するためにBBCが主体となって設計した、LEDライト・ボタン・無線通信機能 (BLE)・傾きセンサー・加速度センサー・磁気センサー・明度センサー・入出力端子を備えたシングルボードコンピュータ (基板サイズ 4 cm × 5 cm)である。

Scratchから利用できる機能

点灯させる位置を選択する

micro:bitの機能のうち、Scratch 3.0から利用できるものは次のとおり。

  • 傾き/動きセンサー:傾きや動きの有無、振動、ジャンプなどを検知できる。micro:bitを動かしたり傾けたときに、Scratch上のスプライトを動かすことなどが可能。
  • 5×5ディスプレイ:25個の赤色LEDによる。英数字や簡単なマークが表示できる。Scratch上でイベントが起こったときに、micro:bit上にマークなどを表示できる。
  • ボタン:AとBの2つのボタンが用意されており、イベント発生のきっかけとして使用できる。これらのボタンを押したときに、Scratch上のスプライトをジャンプさせることなどが可能。
  • 入力端子:ワニ口クリップなどで簡単に接続できる3つのIOリングを備えている。これらの端子がGND端子と通電したときに、Scratch上のイベントを発生させることができる。(本来のmicro:bitの機能としては、これらのIOリングを出力端子として使用することもできるが、Scratch 3.0では現在、入力端子としてのみ制御できる)

Scratchでの使用方法

Scratch 3.0の拡張機能を使用すると、micro:bitをScratchのブロックを使って制御できる。くわしい接続方法はmicro:bitの接続を参照。

micro:bit の購入

Warning 警告: micro:bitを購入する前に親や保護者の方に相談してください!

micro:bitのウェブサイトで、購入先が紹介されている。 現在、日本国内の販売代理店として公式サイトで紹介されているのは次の2店舗であり、可能であればこちらで購入するのが確実と言える。( 2018年12月現在の価格:税込2160円)

Amazon Japanなどでも取扱いが確認できるが、出品業者によって値段が異なる場合があり注意が必要だ。 そのほか、秋葉原に店舗を構える秋月電子、千石電商、マルツエレックなどがmicro:bitの通販を行っており、 これらの店では、店頭での購入も可能である (2018年12月現在) 。