提供: Japanese Scratch-Wiki

(デフォルトソートの整備 (LEGO WeDoブロック --> LEGO WeDoふろつく))
(古い情報の削除と修正)
 
1行目: 1行目:
{{ひらがなヘッダ}}'''LEGO WeDoブロック'''とは、Scratchの拡張機能の1つであり、ブロックの色は紺色(<span style="background-color:#4b4960;"> </span>)で統一されている。
+
{{ひらがなヘッダ}}'''LEGO WeDoブロック'''とは、Scratchの拡張機能の1つである。
 
[[LEGO® WeDo]]というハードウェアを接続することで、モーターを制御したり、傾きを検知することができる。
 
[[LEGO® WeDo]]というハードウェアを接続することで、モーターを制御したり、傾きを検知することができる。
  
LEGO WeDoには、1.0と、2.0の二つのバージョンがある。
+
LEGO WeDoには、1.0と、2.0の2つのバージョンがあるが、現在は2.0のみが使用できる。
  
これを動作させるには、ハードウェアのセットアップが必要になる。
+
== セットアップ ==
 +
Scratchの[[scratch:wedo|ヘルプページ]]に詳細が載っている。
 +
# [[Scratch Link]]をインストールする。
 +
# 拡張機能から[[LEGO Education WeDo 2.0]]を選択する。
 +
# Bluetoothを使って接続する。
  
[[ファイル:ヘルプ.jpg|100px]]
 
 
セットアップの方法は、プロジェクト制作画面>ヘルプ>ブロック>拡張機能>LEGO WeDoのセットアップ方法 から閲覧できます。
 
 
== デバイスマネージャーのインストール ==
 
 
[[ファイル:Caution.png|15px]]{{color|c=#dd0000|'''注意:下のリンクをクリックするとインストールが始まります。'''}}
 
 
デバイスマネージャー(Windows):[https://downloads.scratch.mit.edu/device-manager/ScratchDeviceManager-1.1.0.exe Windows用をインストールする]
 
 
デバイスマネジャー(Mac):[https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=1084869222&mt=12 Mac用をインストールする]
 
  
 
== ブロック ==
 
== ブロック ==
{{メモ|ブロックをクリックするとブロックの詳細が表示されます。}}
 
 
===LEGO WeDo 1.0 ブロック===
 
===LEGO WeDo 1.0 ブロック===
 +
==== スタックブロック ====
 +
*[[モーターを_()_秒オンにする_(ブロック)|<sb version="2">[motor v]を(1)秒オンにする</sb>]]
 +
*[[モーターをオンにする_(ブロック)|<sb version="2">[motor v]をオンにする</sb>]]
 +
*[[モーターをオフにする_(ブロック)|<sb version="2">[motor v]をオフにする</sb>]]
 +
*[[モーターのパワーを_()_にする()_(ブロック)|<sb version="2">[motor v]のパワーを(100)にする</sb>]]
 +
*[[モーターの回転方向を_()_にする_(ブロック)|<sb version="2">[motor v]の回転方向を[こちら向き v]にする</sb>]]
  
'''スタックブロック'''
+
==== ハットブロック ====
5つのスタックブロックが存在する。
+
*[[距離_()_()_のとき_(ブロック)|<sb version="2">距離[< v](20)のとき::hat</sb>]]
 
+
*[[傾き_()_()_のとき_(ブロック)|<sb version="2">傾き[= v](1)のとき::hat</sb>]]
*[[モーターを_()_秒オンにする_(ブロック)|<sb>[motor v]を(1)秒オンにする</sb>]]
 
*[[モーターをオンにする_(ブロック)|<sb>[motor v]をオンにする</sb>]]
 
*[[モーターをオフにする_(ブロック)|<sb>[motor v]をオフにする</sb>]]
 
*[[モーターのパワーを_()_にする()_(ブロック)|<sb>[motor v]のパワーを(100)にする</sb>]]
 
*[[モーターの回転方向を_()_にする_(ブロック)|<sb>[motor v]の回転方向を[こちら向き v]にする</sb>]]
 
 
 
 
 
'''ハットブロック'''
 
2つのハットブロックが存在する
 
 
 
*[[距離_()_()_のとき_(ブロック)|<sb>距離[< v](20)のとき::hat</sb>]]
 
*[[傾き_()_()_のとき_(ブロック)|<sb>傾き[= v](1)のとき::hat</sb>]]
 
 
 
 
 
'''値ブロック'''
 
2つの値ブロックが存在する:
 
  
*[[距離_(ブロック)|<sb>(距離)</sb>]]
+
==== 値ブロック ====
*[[傾き_(ブロック)|<sb>(傾き)</sb>]]
+
*[[距離_(ブロック)|<sb version="2">(距離)</sb>]]
 +
*[[傾き_(ブロック)|<sb version="2">(傾き)</sb>]]
  
===LEGO WeDo 2.0 ブロック===
+
=== LEGO WeDo 2.0 ブロック ===
'''スタックブロック'''
+
==== スタックブロック ====
 
1.0のブロックに加え、3つのスタックブロックが追加された。
 
1.0のブロックに加え、3つのスタックブロックが追加された。
 
*[[set () direction to () (ブロック)|<sb>set[ v]direction to[ v]</sb>]]
 
*[[set () direction to () (ブロック)|<sb>set[ v]direction to[ v]</sb>]]
 
 
*[[set light color to () (ブロック)|<sb>set light color to ()</sb>]]
 
*[[set light color to () (ブロック)|<sb>set light color to ()</sb>]]
 
 
*[[play note () for () seconds (ブロック)|<sb>play note( v)for() seconds</sb>]]
 
*[[play note () for () seconds (ブロック)|<sb>play note( v)for() seconds</sb>]]
  
 
+
==== ハットブロック ====
'''ハットブロック'''
 
 
1.0のブロックに加え、1つのハットブロックが追加された。
 
1.0のブロックに加え、1つのハットブロックが追加された。
 
*[[when tilted ()|<sb>when tilted[ v]::hat extension</sb>]]
 
*[[when tilted ()|<sb>when tilted[ v]::hat extension</sb>]]
  
 
+
==== 値ブロック ====
'''値ブロック'''
 
 
1.0のブロックに加え、1つの値ブロックが追加された。
 
1.0のブロックに加え、1つの値ブロックが追加された。
 
*[[tilt angle () (ブロック)|<sb>(tilt angle[ v]::ring extension)</sb>]]
 
*[[tilt angle () (ブロック)|<sb>(tilt angle[ v]::ring extension)</sb>]]
  
 
+
==== 真偽ブロック ====
'''真偽ブロック'''
 
 
新たに真偽ブロックが1つ加えられた。
 
新たに真偽ブロックが1つ加えられた。
 
*[[tilted () (ブロック)|<sb><tilted[ v]?::extension></sb>]]
 
*[[tilted () (ブロック)|<sb><tilted[ v]?::extension></sb>]]

2021年3月19日 (金) 12:03時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。

LEGO WeDoブロックとは、Scratchの拡張機能の1つである。

LEGO® WeDoというハードウェアを接続することで、モーターを制御したり、傾きを検知することができる。

LEGO WeDoには、1.0と、2.0の2つのバージョンがあるが、現在は2.0のみが使用できる。

セットアップ

Scratchのヘルプページに詳細が載っている。

  1. Scratch Linkをインストールする。
  2. 拡張機能からLEGO Education WeDo 2.0を選択する。
  3. Bluetoothを使って接続する。


ブロック

LEGO WeDo 1.0 ブロック

スタックブロック

ハットブロック

値ブロック

LEGO WeDo 2.0 ブロック

スタックブロック

1.0のブロックに加え、3つのスタックブロックが追加された。

ハットブロック

1.0のブロックに加え、1つのハットブロックが追加された。

値ブロック

1.0のブロックに加え、1つの値ブロックが追加された。

真偽ブロック

新たに真偽ブロックが1つ加えられた。

関連項目

LEGO WeDoブロック一覧

LEGO® WeDo

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。