提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年8月17日 (土) 02:11時点における227kei (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{about|LEGO WeDoの拡張機能||LEGO WeDo}} '''LEGO Education WeDo 2.0、LEGO WeDo 2.0拡張機能'''はLEGO WeDoの最新版に対応した拡張機能である。...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

分岐.png:この項目はLEGO WeDoの拡張機能を説明しています。その他の用例については、LEGO WeDoをご覧ください。

LEGO Education WeDo 2.0、LEGO WeDo 2.0拡張機能LEGO WeDoの最新版に対応した拡張機能である。

この拡張機能はScratch 2.03.0に拡張機能として実装されている。

ブロック

[ v] を () 秒間オンにする::extension

[ v] をオンにする::extension

[ v] をオフにする::extension

[ v] のパワーを () にする::extension

[ v] の方向を () にする::extension

ライトの色を () にする::extension

距離 [ v] () のとき::extension hat

[ v] に傾いたとき ::extension hat

(距離::extension)

<[ v] に傾いた::extension>

([ v] 方向の傾き::extension)

LEGO WeDo 2.0の接続

Scratch 3.0

接続にはBluetoothとScratch Linkが必要である。

  1. 拡張機能のメニューからLEGO Education WeDo 2.0を選択する。
  2. Bluetoothを有効にしておく。
  3. デバイスを近くに置き、デバイスのボタンを押す

再接続

接続に失敗している場合、ブロックパレットのLEGO WeDo 2.0の項目の一番上にびっくりマークが表示される。

びっくりマークを押すと、再試行できる。