提供: Japanese Scratch-Wiki

< Japanese Scratch-Wiki:エイプリルフール

2018年12月16日 (日) 12:05時点におけるApple bot (トーク | 投稿記録)による版 (エイプリルフール記事用のカテゴリ追加 (bot))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

食べかけの金柑とは、悪魔の世界(通称:魔界)で流行しているいたずらである。

悪魔は毎年、人間のこの世界に来ては、畑にあるキンカンと、Scratchのプロジェクトにあるキンカンを食べ荒らすのである。

キンカンを食べかけにすることついてTabekake-Kinnkann協会会長である、「で・あーくま」さんは以下のように答えた。

全部食べたら「サイン」が残らないじゃないの!ちゃんと「食べかけ」にするからちゃんとみんなに周知されるのよ!

– で・あーくま

報道

しばしば午後のニュースで、キンカンが鳥や動物に食べられるという被害が報道されるが、あれはすべて悪魔たちが食べ散らかしてしまったものである。

被害の状態

今年の今までの被害件数は、29120497件となっている。

悪魔の善意

これはほぼ知られていないことだが、今年食べた分のキンカンは、翌年に2.1倍になって変換される。

たとえば、キンカンの農園で、100個キンカンが食べられると、翌年には210個多く実る。

ただし、Scratchのプロジェクトも例外ではない。なので、ごく稀にいつの間にかキンカンが増えているという事案が報告されている。

なので、今後Tabekake-Kinnkann協会は、Scratchのキンカンは、食べずに飲むことにする方針である。

Warning 警告: 飲まれたキンカンは、何年たっても増えることはありません!