提供: Japanese Scratch-Wiki

< Japanese Scratch-Wiki:エイプリルフール

The printable version is no longer supported and may have rendering errors. Please update your browser bookmarks and please use the default browser print function instead.

蔵人弟太(くろうど でた、最近の研究では「くらうど でえた」)は、平安時代の役人。

仕事

弟太は和歌の教育に熱心で、和歌の評論家としても有名になり、蔵人の職を追放されたが、いまだに蔵人と呼んでいる人が多い。弟太はある程度成熟した歌人の歌をためこんでいた。「この歌変っす。弟太に預けよう。」というように、駄作ばかりがためこまれていたが、中にはすばらしいものもあった。

弟太の家に行くと、和歌を見ることができるが、和歌の中身は歌人本人と、本人が指定した使いのみが書き換えられる。

弟太は最初、万葉集の長歌なども受け付けていたが、弟太の家が長歌であふれたので、短歌のみに絞った。これは一部の貴族から非難された。

なお、弟太を恋愛目的で使ったり、文通の仲介人にすることは厳禁とされている。