提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「'''Go Direct Force & Acceleration拡張機能'''(Go Direct拡張機能と略されることもある)はScratch 3.0で追加された拡張機能である。 この...」)
 
(プラグイン修正)
4行目: 4行目:
 
== ブロック ==
 
== ブロック ==
 
この拡張機能には3つのハットブロック、2つの真偽ブロック、4つの値ブロックの、計9つのブロックが含まれる。
 
この拡張機能には3つのハットブロック、2つの真偽ブロック、4つの値ブロックの、計9つのブロックが含まれる。
* [[()とき (GoDirectブロック)|<sb>[振られたv]とき::extension hat</sb>]]
+
* [[() とき (GoDirectブロック)|<sb>[振られた v] とき::extension hat</sb>]]
 
* [[Force Sensorが () とき(ブロック)|<sb>force sensorが [押された v] とき::extension hat</sb>]]
 
* [[Force Sensorが () とき(ブロック)|<sb>force sensorが [押された v] とき::extension hat</sb>]]
 
* [[Force (ブロック)|<sb>(force::extension)</sb>]]
 
* [[Force (ブロック)|<sb>(force::extension)</sb>]]

2019年12月5日 (木) 13:43時点における版

Go Direct Force & Acceleration拡張機能(Go Direct拡張機能と略されることもある)はScratch 3.0で追加された拡張機能である。 この拡張機能を利用することで、Go Direct Forceと、Acceleration Sensor(加速度センサー)に接続させることが可能になる。

ブロック

この拡張機能には3つのハットブロック、2つの真偽ブロック、4つの値ブロックの、計9つのブロックが含まれる。