提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年5月17日 (木) 07:10時点におけるMochimochiking (トーク | 投稿記録)による版

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目に加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています。

CoderDojoのロゴマーク

Coder Dojoとはプログラミングを学ぶ「道場」である。2011年にアイルランドにて始まり、2018年5月現在では85ヶ国に存在し、日本には140ヶ所以上に存在する[1]。CoderDojoではScratchやJavaScriptやPythonなどのプログラミング言語を学ぶことができる。[1]。すべてボランティアで運営されている。

CoderDojo憲章

CoderDojoには憲章があり、道場の理念が宣言されている。日本語訳全文はこちら。
一部抜粋。

本憲章における「CoderDojo」とは、オープンソースのボランティアによって運営される非営利のコーディングクラブを指します。「道場」とは、それぞれの地域で CoderDojo の理念を広め、コミュニティをサポートするために設立された非営利のプログラミングクラブを指します。 すべての道場は、自律的なコミュニティグループで、自主性を持って学ぶ若い世代を支援します。各道場では様々な形態の運営スタイルを採用していますが、すべての道場は以下にある同一の理念を保持します。

道場の人々

道場では、チャンピオン、メンター、ニンジャと呼ばれる人々がいて、それぞれに役割がある。[2]

  • チャンピオン・・・チャンピオンは、道場の主である。各道場に一人ずついて、Dojoの運営をする。
  • メンター・・・メンターは、先生に近い役割を果たす。
  • ニンジャ・・・ニンジャは、道場の参加者である。

出典

外部リンク

SandCastleIcon.png このページには、ScratchのWebサイト、Wikipedia、またはScratch Wiki以外へのリンクがあります。

リンク先のページが安全であると保障できないため、アクセスする場合は十分に注意してください。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。