提供: Japanese Scratch-Wiki

(色の調整。)
(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集))
 
(2人の利用者による、間の6版が非表示)
1行目: 1行目:
{{ブロック
+
{{ひらがなヘッダ}}{{ブロック
 
|name=2000年からの日数
 
|name=2000年からの日数
 
|block=<sb>(2000年からの日数)</sb>
 
|block=<sb>(2000年からの日数)</sb>
6行目: 6行目:
 
|added=2.0
 
|added=2.0
 
}}
 
}}
'''2000年からの日数'''は、[[調べるブロック]]で、[[値ブロック]]でもある。このブロックは、2000年1月1日午前0時0分0秒からの経過日数を返す。(小数点以下は、経過ミリ秒数など)これは[[Scratch開始からの日数_(ブロック)|Scratch開始からの日数]]から置き換えられて実装された。
+
'''2000年からの日数'''は、[[調べるブロック]]で、[[値ブロック]]でもある。このブロックは、UTCで、2000年1月1日午前0時0分0秒からの経過日数を返す。(小数点以下は、経過ミリ秒数など)これは[[Scratch開始からの日数_(ブロック)|Scratch開始からの日数]]から置き換えられて実装された。
  
 
[[Scratch]]には、2つの日付時刻を扱うブロックがある。これはそのうちの1つで、もう1つは[[現在の () (ブロック)|現在の()]]で、現在の日付時刻を返す。これらの2つのブロックは協力して時間関係のスクリプトを作ることができる。
 
[[Scratch]]には、2つの日付時刻を扱うブロックがある。これはそのうちの1つで、もう1つは[[現在の () (ブロック)|現在の()]]で、現在の日付時刻を返す。これらの2つのブロックは協力して時間関係のスクリプトを作ることができる。
35行目: 35行目:
 
定義 (event)をカレンダーから探す
 
定義 (event)をカレンダーから探す
 
[i v] を (0) にする
 
[i v] を (0) にする
<<(i) > ([eventNames v] の長さ :: list)> または <((i)番目 [eventNames v]  :: list) = (event)>> まで繰り返す  
+
<<(i) > ([eventNames v] の長さ :: list)> または <([eventNames v]の(i)番目 :: list) = (event)>> まで繰り返す  
 
   [i v] を (1) ずつ変える
 
   [i v] を (1) ずつ変える
 
end
 
end
41行目: 41行目:
 
   [output v] を (([あなたが探した] と (event)) と [は見つかりませんでした。]) にする
 
   [output v] を (([あなたが探した] と (event)) と [は見つかりませんでした。]) にする
 
でなければ
 
でなければ
   もし <(2000年からの日数) < ((i) 番目 [eventDates v]  :: list)> なら  
+
   もし <(2000年からの日数) < ([eventDates v]の(i) 番目 :: list)> なら  
     [output v] を (((([あなたの] と (event)) と [は ]) と (((i) 番目 [eventDates v] :: list) - (2000年からの日数))) と [日後です]) にする
+
     [output v] を (((([あなたの] と (event)) と [は ]) と (([eventDates v]の(i) 番目 :: list) - (2000年からの日数))) と [日後です]) にする
 
   でなければ
 
   でなければ
     もし <(2000年からの日数) = ((i) 番目 [eventDates v]  :: list)> なら  
+
     もし <(2000年からの日数) = ([eventDates v]の(i) 番目:: list)> なら  
 
       [output v] を ((event) と [は今日です!]) にする
 
       [output v] を ((event) と [は今日です!]) にする
 
     でなければ
 
     でなければ
       [output v] を (([このイベントは] と ((2000年からの日数) - ((i) 番目 [eventDates v]  :: list))) と [日前です。]) にする
+
       [output v] を (([このイベントは] と ((2000年からの日数) - ([eventDates v]の(i) 番目:: list))) と [日前です。]) にする
 
     end
 
     end
 
   end
 
   end
56行目: 56行目:
 
このブロックの動作は、次のスクリプトで再現できる。
 
このブロックの動作は、次のスクリプトで再現できる。
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
[days v] を ((((367) * (現在の [年 v])) - ([切り下げ v] (((7) * ((現在の [年 v]) + ([切り下げ v] (((現在の [月 v]) + (9)) / (12))::operators))) / (4))::operators)) + ((([切り下げ v] (((275) * (現在の [月 v])) / (9))::operators) + (現在の [日 v])) - (730531))) にする
+
[days v] を ((((367) * (現在の [年 v])) - (  (((7) * ((現在の [年 v]) + ( (((現在の [月 v]) + (9)) / (12))の[切り下げ v]::operators))) / (4))::operators)) + (((( (((275) * (現在の [月 v])) / (9))の[切り下げ v]::operators) + (現在の [日 v]))の[切り下げ v]::operators) - (730531))) にする
 
[days v] を ((<(days) < [-36435]> + <(days) < [-72990]>) - <(days) > [36585]>) ずつ変える
 
[days v] を ((<(days) < [-36435]> + <(days) < [-72990]>) - <(days) > [36585]>) ずつ変える
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
1800年-2199年までは正しいです。
+
1800年-2199年までは正しい値を返す。
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==
65行目: 65行目:
 
* [[Scratch開始からの日数 (ブロック)]]
 
* [[Scratch開始からの日数 (ブロック)]]
  
[[en:Days Since 2000 (block)]]
 
[[de:Tage seit 2000 (Block)]]
 
 
{{調べるブロック}}
 
{{調べるブロック}}
 
[[カテゴリ:調べるブロック]]
 
[[カテゴリ:調べるブロック]]
 
[[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 
[[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 +
 +
[[de:Tage seit 2000 (Block)]]
 +
[[en:Days Since 2000 (block)]]
 +
[[ru:Дней с 2000 года (блок)]]{{デフォルトソート:2000ねんからのにつすう (ふろつく)}}

2019年7月26日 (金) 14:42時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
2000年からの日数
(2000年からの日数)
カテゴリ 調べる
タイプ
追加 Scratch 2.0

2000年からの日数は、調べるブロックで、値ブロックでもある。このブロックは、UTCで、2000年1月1日午前0時0分0秒からの経過日数を返す。(小数点以下は、経過ミリ秒数など)これはScratch開始からの日数から置き換えられて実装された。

Scratchには、2つの日付時刻を扱うブロックがある。これはそのうちの1つで、もう1つは現在の()で、現在の日付時刻を返す。これらの2つのブロックは協力して時間関係のスクリプトを作ることができる。

このブロックを使う代表的な例を表す:

  • カウントダウン
([2025年まであと] と (((9132) - (2000年からの日数)) と [日!]))と言う
  • 特定の日の前または後で、機能を使用不可にする
もし <(2000年からの日数) < [5479]> なら 
  [所持金 v] を (1000) ずつ変える
else
  [この機能は2015年以降は使えません。] と言う
end
  • 実際のイベントに対応する作品
定義 今から(value)日後に(event)をマークする
((2000年からの日数) + (value)) を [eventDates v] に追加する
(event) を [eventNames v] に追加する

定義 (event)をカレンダーから探す
[i v] を (0) にする
<<(i) > ([eventNames v] の長さ :: list)> または <([eventNames v]の(i)番目 :: list) = (event)>> まで繰り返す 
  [i v] を (1) ずつ変える
end
もし <(i) > ([eventNames v] の長さ :: list)> なら 
  [output v] を (([あなたが探した] と (event)) と [は見つかりませんでした。]) にする
でなければ
  もし <(2000年からの日数) < ([eventDates v]の(i) 番目 :: list)> なら 
    [output v] を (((([あなたの] と (event)) と [は ]) と (([eventDates v]の(i) 番目 :: list) - (2000年からの日数))) と [日後です]) にする
  でなければ
    もし <(2000年からの日数) = ([eventDates v]の(i) 番目:: list)> なら 
      [output v] を ((event) と [は今日です!]) にする
    でなければ
      [output v] を (([このイベントは] と ((2000年からの日数) - ([eventDates v]の(i) 番目:: list))) と [日前です。]) にする
    end
  end
end

別のブロックによる表現

このブロックの動作は、次のスクリプトで再現できる。

[days v] を ((((367) * (現在の [年 v])) - (  (((7) * ((現在の [年 v]) + ( (((現在の [月 v]) + (9)) / (12))の[切り下げ v]::operators))) / (4))::operators)) + (((( (((275) * (現在の [月 v])) / (9))の[切り下げ v]::operators) + (現在の [日 v]))の[切り下げ v]::operators) - (730531))) にする
[days v] を ((<(days) < [-36435]> + <(days) < [-72990]>) - <(days) > [36585]>) ずつ変える

1800年-2199年までは正しい値を返す。

関連項目