提供: Japanese Scratch-Wiki

(T-takumini (トーク) による編集を Apple502j による直前の版へ差し戻しました)
(デフォルトソートの整備 (() * () (ブロック) --> () * () (ふろつく)))
 
80行目: 80行目:
 
[[en:() * () (block)]]
 
[[en:() * () (block)]]
 
[[de:()*() (Block)]]
 
[[de:()*() (Block)]]
[[id:()_*_()_(balok)]]{{GitHub|scratch-flash|/src/primitives/|Primitives.as|50|branch=646523e6846ad0dd993213a38b46fe2ea511d026}}[[ru:() * () (блок)]]
+
[[id:()_*_()_(balok)]]{{GitHub|scratch-flash|/src/primitives/|Primitives.as|50|branch=646523e6846ad0dd993213a38b46fe2ea511d026}}[[ru:() * () (блок)]]{{デフォルトソート:() * () (ふろつく)}}

2020年3月20日 (金) 10:55時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
() * ()
() * ()
カテゴリ 演算
タイプ

() * () ブロック (演算ブロック値ブロック) は、与えられた2つの数をかけ算して、結果を返す。 使用する2つの数は、ブロック内に直接入力するか、または、値ブロックで指定する。

さらに、このブロック自身やその他の計算(足し算、引き算、割り算など)ブロックを指定して、入れ子状にすることもできる。 これによって、より多くの数を使った計算を表現できる。

Mod版ScratchSnap!では、このブロックに相当するブロックの表記が「() × ()」となっている。

よくある使用例

プロジェクトでかけ算が必要になったとき使用する。 よくある使用例は次のとおり:

  • 計算機シミュレーターを作る
 [結果 v] を ((a) * (b)) にする
  • リスト内の数を順にかける
[結果 v] を (1) にする
[カウンター v] を (1) にする
([数リスト v] の長さ::list) 回繰り返す
[結果 v] を ((結果) *  ([数リスト v]の(カウンター)番目::list)) にする
[カウンター v] を (1) ずつ変える
end
  • 数学の公式を使って計算する (ピタゴラスの定理で直角三角形の斜辺を求める)
(((((y1) - (y2)) * ((y1) - (y2))) + (((x1) - (x2)) * ((x1) - (x2))))の[平方根 v]::operators) 
  • 得点を2倍に
[得点 v] を ((得点) * (2)) にする
@greenFlag が押されたとき::events hat
 [速度 v] を [0] にする
ずっと
もし <[スペース v] キーが押された> なら
 [速度 v] を (2) ずつ変える
[速度 v] を ((速度) * (0.87))にする //摩擦による速度低下をシミュレート
  • 3D プロジェクト

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

自然数の範囲において、このブロックの動作は次のスクリプトで再現できる (aが1つめの数、bが2つめの数である) 。

[答え v] を [0] にする
(b) 回繰り返す
[答え v] を (a) ずつ変える

次のコードのようにすれば(bが0のときの処理を分岐すれば)、すべての場合でこのブロックと同じように動作する (かける数bの逆数1/bで割った結果は、bをかけたのと同等になる)。

もし <(b) = (0)> なら
 [答え v] を [0] にする
でなければ
 [答え v] を ((a) / ((1) / (b))) にする
end

関連項目