提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「{{ブロック | name = ()<() | image = File:2.0 Larger-than.png | category = Operators | type = 真偽 }...」)
 
1行目: 1行目:
 
{{ブロック
 
{{ブロック
 
| name      = ()<()
 
| name      = ()<()
| image      = File:2.0 Larger-than.png
+
| image      = File:2.0_()_is_Less_Than_().png
 
| category  = [[演算ブロック|Operators]]
 
| category  = [[演算ブロック|Operators]]
 
| type      = [[真偽ブロック|真偽]]
 
| type      = [[真偽ブロック|真偽]]
17行目: 17行目:
 
end
 
end
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
 
 
 
 
 
==参照==
 
==参照==
 
{{演算ブロック}}
 
{{演算ブロック}}
 
[[カテゴリ:演算ブロック]]
 
[[カテゴリ:演算ブロック]]
 +
 +
[[en:()_is_less_than_()_(block)]]
 +
[[de:()_ist_kleiner_()_(Block)]]

2017年3月15日 (水) 07:39時点における版

()<()
カテゴリ Operators
タイプ 真偽

()<()ブロック演算ブロック真偽ブロック)は、右側の括弧の中の数のほうが、左側より大きいときにtrue、でなければfalseを返すブロックである。

使用例

このブロックは、数の大小を比べるときに、[[() > ()(ブロック)|()>()]]と同じように使われる。

よくある使用例は次のとおり:

  • ハイスコアを記録する
もし<(☁ ハイスコア) < (スコア)> なら
[☁ ハイスコア v]を(スコア)にする
end

参照