提供: Japanese Scratch-Wiki

(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) () を受け取ったとき (ブロック) --> () をうけとつたとき (ふろつく))
 
(3人の利用者による、間の5版が非表示)
1行目: 1行目:
{{ブロック
+
{{ひらがなヘッダ}}{{ブロック
 
| name      = () を受け取ったとき
 
| name      = () を受け取ったとき
 
| block      = <sb>[メッセージ1 v] を受け取ったとき</sb>
 
| block      = <sb>[メッセージ1 v] を受け取ったとき</sb>
 
| category  = [[イベントブロック|イベント]]
 
| category  = [[イベントブロック|イベント]]
 
| type      = [[ハットブロック|ハット]]
 
| type      = [[ハットブロック|ハット]]
| default    = First [[broadcast]] (alphabetized)
 
 
}}
 
}}
 
'''() を受け取ったとき'''[[ブロック]]([[イベントブロック]]/[[ハットブロック]])は、指定した[[メッセージ]]が呼び出し側のスクリプトから送られると、下に置かれた[[スクリプト]]を実行するブロックである。
 
'''() を受け取ったとき'''[[ブロック]]([[イベントブロック]]/[[ハットブロック]])は、指定した[[メッセージ]]が呼び出し側のスクリプトから送られると、下に置かれた[[スクリプト]]を実行するブロックである。
  
 
なお、[[ずっと (ブロック)|ずっと]]ブロックでメッセージを送ると、「() を受け取ったとき」ブロックのスクリプトが最後まで実行される前に次のメッセージを受け取ってしまうことがあるが、この場合は、スクリプトの実行は途中で止められて、処理が最初に戻ることになる。これを避けるには、[[() を送って待つ (ブロック)|() を送って待つ]]を使用するとよい。
 
なお、[[ずっと (ブロック)|ずっと]]ブロックでメッセージを送ると、「() を受け取ったとき」ブロックのスクリプトが最後まで実行される前に次のメッセージを受け取ってしまうことがあるが、この場合は、スクリプトの実行は途中で止められて、処理が最初に戻ることになる。これを避けるには、[[() を送って待つ (ブロック)|() を送って待つ]]を使用するとよい。
 
また、メッセージ名を変更するには、ブロックを右クリックし、「rename broadcast」とかかれたメニューを選択すると、メッセージ名を変更することができる。
 
  
 
==使用例==
 
==使用例==
20行目: 17行目:
 
表示する
 
表示する
 
(3) 秒待つ
 
(3) 秒待つ
[色 v] の効果を (25) ずつ変える
+
[色 v] の効果を (25) ずつ変える::looks
 
[すべて v] を止める
 
[すべて v] を止める
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
33行目: 30行目:
  
 
*スクリプトや[[スプライト]]間で通信する
 
*スクリプトや[[スプライト]]間で通信する
<scratchblocks>@ がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
  [やあ!] と (1) 秒言う
 
  [やあ!] と (1) 秒言う
 
[通信 v] を送る
 
[通信 v] を送る
62行目: 59行目:
 
[[de:Wenn ich () empfange (Block)]]
 
[[de:Wenn ich () empfange (Block)]]
 
[[en:When I Receive () (block)]]
 
[[en:When I Receive () (block)]]
[[hu:() üzenet érkezésekor (blokk)]]
+
[[hu:() üzenet érkezésekor (blokk)]][[ru:Когда я получу ()]]{{デフォルトソート:() をうけとつたとき (ふろつく)}}

2019年8月28日 (水) 11:33時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
() を受け取ったとき
[メッセージ1 v] を受け取ったとき
カテゴリ イベント
タイプ ハット

() を受け取ったときブロックイベントブロックハットブロック)は、指定したメッセージが呼び出し側のスクリプトから送られると、下に置かれたスクリプトを実行するブロックである。

なお、ずっとブロックでメッセージを送ると、「() を受け取ったとき」ブロックのスクリプトが最後まで実行される前に次のメッセージを受け取ってしまうことがあるが、この場合は、スクリプトの実行は途中で止められて、処理が最初に戻ることになる。これを避けるには、() を送って待つを使用するとよい。

使用例

特定の条件が満たされたときに指定したスクリプトを実行したい場合、メッセージを使用すればよい。この場合、メッセージを受信して実行する側のスクリプトに、「() を受け取ったとき」ブロックを付けておく。次に、このブロックの使用例を紹介しておく:

[失敗 v] を受け取ったとき
表示する
(3) 秒待つ
[色 v] の効果を (25) ずつ変える::looks
[すべて v] を止める
  • 特定の条件に合致した場合にスプライトを隠す
[メッセージ1 v] を受け取ったとき
隠す
  • 場面を転換する
[次の背景 v] を受け取ったとき
次のコスチュームにする 
@greenFlag が押されたとき::events hat
 [やあ!] と (1) 秒言う
[通信 v] を送る

[通信 v] を受け取ったとき
[やあ!] と (1) 秒言う
[実行 v] を受け取ったとき
. . .
 [実行 v] を送る
  • ゲームに勝利したとき
 [勝利 v] を受け取ったとき
[あなたの勝ちです!] と (2) 秒言う

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。