提供: Japanese Scratch-Wiki

(わかりやすく)
(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) () から () までの乱数 (ブロック) --> () から () まてのらんすう (ふろつく))
 
(4人の利用者による、間の9版が非表示)
1行目: 1行目:
{{ブロック
+
{{ひらがなヘッダ}}{{ブロック
 
|name=() から () までの乱数
 
|name=() から () までの乱数
 
|category=[[演算ブロック|演算]]
 
|category=[[演算ブロック|演算]]
 
|type=[[値ブロック|値]]
 
|type=[[値ブロック|値]]
|block=<sb>(() から () までの乱数)</sb>
+
|block=<sb>(1) から (10) までの乱数</sb>
 
}}
 
}}
{{ブロックの説明|() から () までの乱数|演算|値|ある範囲のランダムな数を出す}}このブロックで出すことができるのは、[[wikipedia:擬似乱数|擬似乱数]]である。取得方法は非公開である。初心者はよく、これを範囲指定のブロックと間違えるが、これは実行ごとに値が変わるので、範囲指定には使えない。
+
'''() から () までの乱数'''[[ブロック]]([[演算ブロック]]/[[値ブロック]])とは、ある範囲のランダムな数を出すブロックである。このブロックで出すことができるのは、[[wikipedia:擬似乱数|擬似乱数]]である。取得方法は非公開である。初心者はよく、これを範囲指定のブロックと間違えるが、これは実行ごとに値が変わるので、範囲指定には使えない。
 
== 引数と返る値 ==
 
== 引数と返る値 ==
 
[[ファイル:桁数の多い乱数.png|thumb|200px|right|桁数の多い乱数(値は例)]]
 
[[ファイル:桁数の多い乱数.png|thumb|200px|right|桁数の多い乱数(値は例)]]
21行目: 21行目:
 
</sb>
 
</sb>
 
* 自動演奏のスクリプト
 
* 自動演奏のスクリプト
<sb>
+
{{拡張機能使用|music}}
@がクリックされたとき
+
<scratchblocks>
 +
@greenFlag が押されたとき::events hat
 
ずっと
 
ずっと
 
((60) から (71) までの乱数)の音符を((0.25) から (1) までの乱数)拍鳴らす
 
((60) から (71) までの乱数)の音符を((0.25) から (1) までの乱数)拍鳴らす
</sb>
+
</scratchblocks>
 
* ステータスを変える
 
* ステータスを変える
 
<sb>
 
<sb>
36行目: 37行目:
 
{{演算ブロック}}
 
{{演算ブロック}}
 
[[カテゴリ:演算ブロック]]
 
[[カテゴリ:演算ブロック]]
[[en:Pick_Random_()_to_()_(block)]][[de:Zufallszahl_von_()_bis_()_(Block)]]
+
[[en:Pick_Random_()_to_()_(block)]][[de:Zufallszahl_von_()_bis_()_(Block)]]{{GitHub|scratch-flash|/src/primitives/|Primitives.as|93|branch=646523e6846ad0dd993213a38b46fe2ea511d026}}{{デフォルトソート:() から () まてのらんすう (ふろつく)}}

2019年10月24日 (木) 03:11時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
() から () までの乱数
(1) から (10) までの乱数
カテゴリ 演算
タイプ

() から () までの乱数ブロック(演算ブロック/値ブロック)とは、ある範囲のランダムな数を出すブロックである。このブロックで出すことができるのは、擬似乱数である。取得方法は非公開である。初心者はよく、これを範囲指定のブロックと間違えるが、これは実行ごとに値が変わるので、範囲指定には使えない。

引数と返る値

桁数の多い乱数(値は例)

引数に入る値は返る値の範囲に含まれる。引数がともに整数の場合、返る値も整数である。引数に小数があれば、小数が返る。 (スクリプト中では、小数点以下2桁に丸まる。変数などに代入した場合、小数点以下6桁。)

意図的に引数がともに整数の場合でも小数を返したいときは1.0のように小数点以下をつける。ただし再読み込みすれば1の様に整数に丸められる。

歴史

昔は、このブロックはさいころの絵であった。
初期の乱数ブロック.png

使用例

  • コスチュームをランダムに変える

コスチュームを((1) から (8) までの乱数)にする

  • 自動演奏のスクリプト
@greenFlag が押されたとき::events hat
ずっと
((60) から (71) までの乱数)の音符を((0.25) から (1) までの乱数)拍鳴らす
  • ステータスを変える

[HP v]を((-50) から (0) までの乱数)ずつ変える

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックは、次のブロックに代用できる:(乱数 v) 番目( [リスト v] )(リストには数字を入れる)。また[ランダムな場所 v]へ行くを用いて、(([絶対値 v] \( ((x座標) + (y座標)) \)::operators) を (数) で割った余り)などとすることもできる。ただし、乱数ブロックと比べて精度は良くない。