提供: Japanese Scratch-Wiki

(色)
(Scratchを正式名所に。(Botの自動編集))
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
{{ブロック
+
{{ひらがなヘッダ}}{{ブロック
 
|name = () + ()
 
|name = () + ()
 
|block = <sb>() + ()</sb>
 
|block = <sb>() + ()</sb>
15行目: 15行目:
 
よくある使用例は次のとおり:
 
よくある使用例は次のとおり:
 
*計算スクリプト
 
*計算スクリプト
<scratchblocks>[答え v] を ((a) + (b)) にする</scratchblocks>
+
<Scratchblocks>[答え v] を ((a) + (b)) にする</Scratchblocks>
  
 
*リスト内の数を合計する
 
*リスト内の数を合計する
<scratchblocks>([数リスト v] の長さ::list) まで繰り返す
+
<Scratchblocks>([数リスト v] の長さ::list) まで繰り返す
 
[n v] を (1) ずつ変える
 
[n v] を (1) ずつ変える
 
[合計 v] を (((n) 番目([数リスト v])) + (合計)) にする
 
[合計 v] を (((n) 番目([数リスト v])) + (合計)) にする
end</scratchblocks>
+
end</Scratchblocks>
  
 
*数式を処理する
 
*数式を処理する
  
<scratchblocks>((((2) * (pi)) * ((半径) * (半径))) + (((2) * (pi)) * ((半径) * (高さ))))</scratchblocks>
+
<Scratchblocks>((((2) * (pi)) * ((半径) * (半径))) + (((2) * (pi)) * ((半径) * (高さ))))</Scratchblocks>
  
 
==別のブロックによる表現==
 
==別のブロックによる表現==
31行目: 31行目:
 
このブロックの動作は次のコードで再現できる:
 
このブロックの動作は次のコードで再現できる:
  
<scratchblocks>((a) - ((0) - (b)))</scratchblocks>
+
<Scratchblocks>((a) - ((0) - (b)))</Scratchblocks>
<scratchblocks>((a) - ((-1) * (b)))</scratchblocks>
+
<Scratchblocks>((a) - ((-1) * (b)))</Scratchblocks>
<scratchblocks>[答え v] を (a) にする
+
<Scratchblocks>[答え v] を (a) にする
[答え v] を (b) ずつ変える//「a」が足し算の1つめの数、「b」が2つめの数</scratchblocks>
+
[答え v] を (b) ずつ変える//「a」が足し算の1つめの数、「b」が2つめの数</Scratchblocks>
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==
47行目: 47行目:
 
[[id:() + () (balok)]]
 
[[id:() + () (balok)]]
 
[[ru:() + () (блок)]]
 
[[ru:() + () (блок)]]
 +
[[hu:() + () (blokk)]]{{GitHub|Scratch-flash|/src/primitives/|Primitives.as|48|branch=646523e6846ad0dd993213a38b46fe2ea511d026}}{{デフォルトソート:() + () (ふろつく)}}

2020年3月12日 (木) 10:56時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
() + ()
() + ()
カテゴリ 演算
タイプ

() + () ブロック (演算ブロック値ブロック) は、指定した2つの数値を足した結果を返す。

使用する2つの数は、ブロック内に直接入力するか、または、値ブロックで指定する。

よくある使用例

プロジェクトで足し算が必要になったとき使用する。

よくある使用例は次のとおり:

  • 計算スクリプト
[答え v] を ((a) + (b)) にする
  • リスト内の数を合計する
([数リスト v] の長さ::list) まで繰り返す
[n v] を (1) ずつ変える
[合計 v] を (((n) 番目([数リスト v])) + (合計)) にする
end
  • 数式を処理する
((((2) * (pi)) * ((半径) * (半径))) + (((2) * (pi)) * ((半径) * (高さ))))

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックの動作は次のコードで再現できる:

((a) - ((0) - (b)))
((a) - ((-1) * (b)))
[答え v] を (a) にする
[答え v] を (b) ずつ変える//「a」が足し算の1つめの数、「b」が2つめの数

関連項目