提供: Japanese Scratch-Wiki

(英語版からの翻訳)
 
(ちょっとした修正。)
 
(6人の利用者による、間の12版が非表示)
1行目: 1行目:
 
{{ブロック
 
{{ブロック
|name = 音量を ()% にする
+
|name = 音量を () % にする
|image = File:2.0 Set_Volueme_to_().png
+
|block = <sb>音量を (100) % にする::sound</sb>
 
|category = [[音ブロック|音]]
 
|category = [[音ブロック|音]]
 
|type = [[スタックブロック|スタック]]
 
|type = [[スタックブロック|スタック]]
7行目: 7行目:
 
|added = 1.2
 
|added = 1.2
 
}}
 
}}
'''音量を ()% にする'''[[ブロック]][[音ブロック]][[スタックブロック]])は、[[スプライト]]の音量を指定した数値にするブロックである。なお、このブロックによって変わるのは、現在選択中のスプライト(または[[ステージ]])の音量だけである。
+
'''音量を () % にする'''[[ブロック]]([[音ブロック]]/[[スタックブロック]])とは、[[スプライト]]の音量を指定した数値にするブロックである。なお、このブロックによって変わるのは、現在選択中のスプライト(または[[ステージ]])の音量だけである。
  
 
==使用例==
 
==使用例==
14行目: 14行目:
 
よくある使用例は次のとおり:
 
よくある使用例は次のとおり:
 
*音量を制御する
 
*音量を制御する
<scratchblocks>音量を (音量スライダー)% にする</scratchblocks>
+
<scratchblocks>音量を (音量スライダー)% にする::sound</scratchblocks>
 
 
  
 
*効果音の大きさを変える (音の発生源が遠くに行けば行くほど、音は小さくなるのが自然である)
 
*効果音の大きさを変える (音の発生源が遠くに行けば行くほど、音は小さくなるのが自然である)
<scratchblocks>音量を ((100) - (([音の発生源 v] までの距離) / (2)))% にする</scratchblocks>
+
<scratchblocks>音量を ((100) - (([音の発生源 v] までの距離) / (2)))% にする::sound</scratchblocks>
 
 
  
 
*音ブロックで作った曲に、ボリュームの大きな個所と小さな個所をつくる
 
*音ブロックで作った曲に、ボリュームの大きな個所と小さな個所をつくる
<scratchblocks>音量を (100)% にする
+
<scratchblocks>音量を (100)% にする::sound
 
(60 v) の音符を (0.5) 拍鳴らす
 
(60 v) の音符を (0.5) 拍鳴らす
 
(65 v) の音符を (0.4) 拍鳴らす
 
(65 v) の音符を (0.4) 拍鳴らす
音量を (75)% にする
+
音量を (75)% にする::sound
 
(48 v) の音符を (1) 拍鳴らす</scratchblocks>
 
(48 v) の音符を (1) 拍鳴らす</scratchblocks>
  
==参照==
+
==関連項目==
 
*[[音量を () ずつ変える (ブロック)|音量を () ずつ変える]]
 
*[[音量を () ずつ変える (ブロック)|音量を () ずつ変える]]
*[[音量 (ブロック)]]
+
*[[音量 (音ブロック)]]
*[[音量 ()]]
+
*[[音量 (音ブロックの値)]]
 
{{音ブロック}}
 
{{音ブロック}}
 
[[カテゴリ:音ブロック]]
 
[[カテゴリ:音ブロック]]
  
 
[[en:Set Volume to ()% (block)]]
 
[[en:Set Volume to ()% (block)]]
[[de:Setze Lautstärke auf ()% (Block)]]
+
[[de:Setze Lautstärke auf ()% (Block)]][[ru:Установить громкость ()]]{{デフォルトソート:おんりようを () % にする (ふろつく)}}

2020年3月13日 (金) 14:43時点における最新版

音量を () % にする
音量を (100) % にする::sound
カテゴリ
タイプ スタック
追加 Scratch 1.2

音量を () % にするブロック(音ブロック/スタックブロック)とは、スプライトの音量を指定した数値にするブロックである。なお、このブロックによって変わるのは、現在選択中のスプライト(またはステージ)の音量だけである。

使用例

スプライトやステージごとの音量を指定した値にするブロックなので、音量を増やしたり、減らしたりというよりも、決まった値に設定したい場合におもに使用される。

よくある使用例は次のとおり:

  • 音量を制御する
音量を (音量スライダー)% にする::sound
  • 効果音の大きさを変える (音の発生源が遠くに行けば行くほど、音は小さくなるのが自然である)
音量を ((100) - (([音の発生源 v] までの距離) / (2)))% にする::sound
  • 音ブロックで作った曲に、ボリュームの大きな個所と小さな個所をつくる
音量を (100)% にする::sound
(60 v) の音符を (0.5) 拍鳴らす
(65 v) の音符を (0.4) 拍鳴らす
音量を (75)% にする::sound
(48 v) の音符を (1) 拍鳴らす

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。