提供: Japanese Scratch-Wiki

(音量の色の修正)
14行目: 14行目:
 
Scratch 2.0には、調べるカテゴリの真偽ブロックが次の5つ存在する:
 
Scratch 2.0には、調べるカテゴリの真偽ブロックが次の5つ存在する:
  
*[[() に触れた (ブロック)|<scratchblocks>([ v] に触れた)</scratchblocks>]]
+
*[[() に触れた (ブロック)|<scratchblocks><[ v] に触れた></scratchblocks>]]
*[[() 色に触れた (ブロック)|<scratchblocks>([#F3A533] 色に触れた)</scratchblocks>]]
+
*[[() 色に触れた (ブロック)|<scratchblocks><[#F3A533] 色に触れた></scratchblocks>]]
*[[() 色が () 色に触れた (ブロック)|<scratchblocks>([#FFFFFF] 色が [#F3A533] 色に触れた)</scratchblocks>]]
+
*[[() 色が () 色に触れた (ブロック)|<scratchblocks><[#FFFFFF] 色が [#F3A533] 色に触れた></scratchblocks>]]
*[[() キーが押された (ブロック)|<scratchblocks>([スペース v] キーが押された)</scratchblocks>]]
+
*[[() キーが押された (ブロック)|<scratchblocks><[スペース v] キーが押された></scratchblocks>]]
*[[マウスが押された (ブロック)|<scratchblocks>(マウスが押された)</scratchblocks>]]
+
*[[マウスが押された (ブロック)|<scratchblocks><マウスが押された></scratchblocks>]]
  
 
Scratch 2.0には、調べるカテゴリの値参照ブロックが次の11個存在する:
 
Scratch 2.0には、調べるカテゴリの値参照ブロックが次の11個存在する:

2017年1月15日 (日) 13:11時点における版

調べるブロックは、 Scratch 2.0 ブロックの10個のカテゴリの1つで、ブロックの色は水色で統一されている。プロジェクトのさまざまな要素について調べるためのブロックが、このカテゴリに含まれる。

現在、調べるブロックのカテゴリには、スタックブロックが4個、真偽ブロックが5個、値ブロックが11個、含まれている。

ブロック

Warning メモ: それぞれのブロックについてくわしく知りたいときは、そのブロックをクリックする。

Scratch 2.0には、調べるカテゴリのスタックブロックが次の4つ存在する:

Scratch 2.0には、調べるカテゴリの真偽ブロックが次の5つ存在する:

Scratch 2.0には、調べるカテゴリの値参照ブロックが次の11個存在する:

PicoBoardブロック

Scratch 2.0 pre alpha版のセンサーブロック

Scratch 1.4 以前のバージョンでは、このカテゴリにセンサーブロックというサブカテゴリがあり、「() センサーの値」 と 「()?」という2つのブロック(水色)がここに入れられていた。これらは、PicoBoardのような外部のハードウェアやプログラムと通信するためのブロックである。Scratch 2.0 prealpha版では、この2つのブロックの色は濃いグレーになり、ステージパレットだけに表示されるよう変更されたが 、その後さらに開発が進むとともにこれらのブロックは 拡張機能 と位置付けられ、拡張機能メニューからのみ利用できるようになった。

テンプレート:ブロックカテゴリ