提供: Japanese Scratch-Wiki

(ブロック: リンク先修正)
(ブロック)
17行目: 17行目:
 
*[[画像効果をなくす (ブロック)|<sb>画像効果をなくす</sb>]]
 
*[[画像効果をなくす (ブロック)|<sb>画像効果をなくす</sb>]]
 
*[[大きさを () ずつ変える (ブロック)|<sb>大きさを (10) ずつ変える</sb>]]
 
*[[大きさを () ずつ変える (ブロック)|<sb>大きさを (10) ずつ変える</sb>]]
*[[大きさを ()% にする (ブロック)|<sb>大きさを (100)% にする</sb>]]
+
*[[大きさを_()_%25_にする_(ブロック)|<sb>大きさを (100)% にする</sb>]]
 
*[[表示する (ブロック)|<sb>表示する</sb>]]
 
*[[表示する (ブロック)|<sb>表示する</sb>]]
 
*[[隠す (ブロック)|<sb>隠す</sb>]]
 
*[[隠す (ブロック)|<sb>隠す</sb>]]

2017年7月22日 (土) 11:51時点における版

見た目ブロックScratch 2.0 ブロックの10個のカテゴリの1つで、ブロックの色は紫色で統一されている。このカテゴリには、スプライト の見た目をコントロールするブロックが含まれている。 現在、見た目ブロックのカテゴリには、15種類のスタックブロックと3種類の値ブロックが含まれている。 Scratch統計情報によると、200万超のユーザーを対象に調査した結果、もっとも使用頻度が高いカテゴリであることがわかっている。

ブロック

Warning メモ: それぞれのブロックについてくわしく知りたいときは、そのブロックをクリックする。

Scratch 2.0 の見た目ブロックには、次の15種類のスタックブロックが含まれている:

背景を [backdrop1 v] にする背景を [backdrop1 v] にして待つ

Scratch 2.0 の見た目ブロックには、次の3種類の値ブロックが含まれている: