提供: Japanese Scratch-Wiki

(英語版からの翻訳)
 
(デフォルトソートの整備 (背景の番号 (ブロック) --> はいけいのはんこう (ふろつく)))
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
{{ひらがなヘッダ}}{{不適切なタイトル|背景 # (ブロック)}}
 
{{ブロック
 
{{ブロック
 
| name      = 背景 #
 
| name      = 背景 #
| image     = File:2.0 Backdrop Number.png
+
| block     = <sb>背景 #</sb>
 
| category  = [[見た目ブロック|見た目]]
 
| category  = [[見た目ブロック|見た目]]
 
| type      = [[値ブロック|値]]
 
| type      = [[値ブロック|値]]
 
| added      = 2.0
 
| added      = 2.0
 
}}
 
}}
The '''背景 #''' [[ブロック|ブロック]]([[見た目ブロック]]/[[値ブロック]])は、現在の [[背景]]の番号(背景リストにおける番号)を返すブロックである。
+
'''背景 #'''[[ブロック|ブロック]]([[見た目ブロック]]/[[値ブロック]])は、現在の[[背景]]の番号(背景リストにおける番号)を返すブロックである。
  
 
[[Scratch 1.x]]では、このブロックは[[ステージ]]とスプライトのどちらを選択していても表示されていたが、Scratch 2.0ではステージを選択中のみ[[ブロックパレット]]に表示されるようになった。以前のようにスプライト側でこの値ブロックを使用したいときは、[[バックパック]]やその他の方法を使って、ステージのブロックパレットからスプライトのスクリプトエリアに、ブロックをドラッグしてくればよい。
 
[[Scratch 1.x]]では、このブロックは[[ステージ]]とスプライトのどちらを選択していても表示されていたが、Scratch 2.0ではステージを選択中のみ[[ブロックパレット]]に表示されるようになった。以前のようにスプライト側でこの値ブロックを使用したいときは、[[バックパック]]やその他の方法を使って、ステージのブロックパレットからスプライトのスクリプトエリアに、ブロックをドラッグしてくればよい。
  
ただし、このブロックのスプライト版は[[Costume番号 (ブロック)|コスチューム #]]ブロックであるが、この「コスチューム #」ブロックについてはステージのスクリプトエリアで使用できないので注意が必要である。
+
ただし、このブロックのスプライト版は[[コスチューム番号 (ブロック)|コスチューム #]]ブロックであるが、この「コスチューム #」ブロックについてはステージのスクリプトエリアで使用できないので注意が必要である。
  
<!-- 英語版では、ステージエリアでコスチューム#を使うとエラーが発生する、とありますが、実際に試したところ、かってに背景#ブロックに読み替えられて処理される気がします。このあたり、はっきりしたことご存知のかたがいれば、加筆お願いします。-->
+
<!--英語版では、ステージエリアでコスチューム#を使うとエラーが発生する、とありますが、実際に試したところ、かってに背景#ブロックに読み替えられて処理される気がします。このあたり、はっきりしたことご存知のかたがいれば、加筆お願いします。-->
 
なお、このブロックの値は、[[ステージモニター]]に表示できる。
 
なお、このブロックの値は、[[ステージモニター]]に表示できる。
  
21行目: 22行目:
 
このブロックが持つのは現在の背景のリスト上での番号なので、特定の背景のときに何かを行いたい場合に利用されることが多い。よくある使用例を次に示す。
 
このブロックが持つのは現在の背景のリスト上での番号なので、特定の背景のときに何かを行いたい場合に利用されることが多い。よくある使用例を次に示す。
  
*背景が「終了」用のものになったとき、 [[プロジェクト]]を終了する
+
*背景が「終了」用のものになったとき、[[プロジェクト]]を終了する
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
@ がクリックされたとき
+
@greenFlag がクリックされたとき
 
  <(背景 #) = (6)> まで待つ
 
  <(背景 #) = (6)> まで待つ
 
[すべて v] を止める
 
[すべて v] を止める
33行目: 34行目:
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
  
* [[変数]] に背景番号を入れる
+
*[[変数]]に背景番号を入れる
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
 
[現在のステージ v] を (背景 #) にする
 
[現在のステージ v] を (背景 #) にする
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
  
==別のブロックによる表現 ==
+
==別のブロックによる表現==
 
{{メイン|代用ブロック一覧}}
 
{{メイン|代用ブロック一覧}}
 
このブロックは、次のブロックで代用できる。
 
このブロックは、次のブロックで代用できる。
44行目: 45行目:
 
<scratchblocks>([背景 # v] ([ステージ v])::sensing)</scratchblocks>
 
<scratchblocks>([背景 # v] ([ステージ v])::sensing)</scratchblocks>
  
== 参照 ==
+
==関連項目==
 
*[[背景]]
 
*[[背景]]
 
*[[背景の名前 (ブロック)|背景の名前]]
 
*[[背景の名前 (ブロック)|背景の名前]]
57行目: 58行目:
 
[[カテゴリ:見た目ブロック]]
 
[[カテゴリ:見た目ブロック]]
 
[[en:Backdrop Number (block)]]
 
[[en:Backdrop Number (block)]]
[[de:Bühnenbildnummer (Block)]]
+
[[de:Bühnenbildnummer (Block)]]{{デフォルトソート:はいけいのはんこう (ふろつく)}}

2020年4月9日 (木) 06:28時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
この記事の正しいタイトルは 背景 # (ブロック) です。名前の変更は、技術的制限によるものです。
背景 #
背景 #
カテゴリ 見た目
タイプ
追加 Scratch 2.0

背景 #ブロック見た目ブロック値ブロック)は、現在の背景の番号(背景リストにおける番号)を返すブロックである。

Scratch 1.xでは、このブロックはステージとスプライトのどちらを選択していても表示されていたが、Scratch 2.0ではステージを選択中のみブロックパレットに表示されるようになった。以前のようにスプライト側でこの値ブロックを使用したいときは、バックパックやその他の方法を使って、ステージのブロックパレットからスプライトのスクリプトエリアに、ブロックをドラッグしてくればよい。

ただし、このブロックのスプライト版はコスチューム #ブロックであるが、この「コスチューム #」ブロックについてはステージのスクリプトエリアで使用できないので注意が必要である。

なお、このブロックの値は、ステージモニターに表示できる。

経緯

Scratch 1.4以前は、このブロックの英語版の名称は「Background #」であった(現在は、Backdrop #)。2.0になったとき名称が変更されたが、機能についてはまったく変わっていない。

使用例

このブロックが持つのは現在の背景のリスト上での番号なので、特定の背景のときに何かを行いたい場合に利用されることが多い。よくある使用例を次に示す。

@greenFlag がクリックされたとき
 <(背景 #) = (6)> まで待つ
[すべて	 v] を止める
  • 現在の背景を確認する
([現在の背景番号: ] と (背景 #)) と言う
  • 変数に背景番号を入れる
[現在のステージ v] を (背景 #) にする

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックは、次のブロックで代用できる。

([背景 # v] ([ステージ v])::sensing)

関連項目