提供: Japanese Scratch-Wiki

(ブロック画像の差し替えなど。)
1行目: 1行目:
 
{{ブロック
 
{{ブロック
 
| name      = 背景が () になったとき
 
| name      = 背景が () になったとき
| image     = File:2.0 背景が () になったとき.png
+
| block     = <sb>背景が [背景1 v] になったとき</sb>
| imagewidth = 249px
 
 
| category  = [[イベントブロック|イベント]]
 
| category  = [[イベントブロック|イベント]]
 
| type      = [[ハットブロック|ハット]]
 
| type      = [[ハットブロック|ハット]]
 
| added      = 2.0
 
| added      = 2.0
 
}}
 
}}
'''背景が () になったとき''' [[ブロック]] ( [[イベントブロック]]/[[ハットブロック]])は、ステージの[[背景]]が指定したものに切り替わったとき、下に置かれた[[スクリプト]]の動作を開始するブロックである。
+
'''背景が () になったとき'''[[ブロック]]([[イベントブロック]]/[[ハットブロック]])は、ステージの[[背景]]が指定したものに切り替わったとき、下に置かれた[[スクリプト]]の動作を開始するブロックである。
  
 
==使用例==
 
==使用例==
30行目: 29行目:
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
  
=== 再帰(相互再帰)===
+
===再帰(相互再帰)===
 
+
このブロックを使って[[再帰]]状態を作ると、永続的にスクリプトを実行することができる。次に例を示す。
このブロックを使って [[再帰]] 状態を作ると、永続的にスクリプトを実行することができる。次に例を示す。
 
  
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
45行目: 43行目:
  
 
==別のブロックによる表現==
 
==別のブロックによる表現==
背景が変更されたとき、その背景が指定された「背景が () になったとき」ブロックを持つスプライトは、これに反応し、このブロックの下にあるスクリプトの実行を開始するが、この動作は、[[メッセージ]]で代用することができる。ただしこの場合は、ブロックが1つ余分に追加される分、わずかな遅延が発生することがある。次にメッセージを使ってこのブロックの動作を実現した例を示す(この手法は、[[Scratch 1.x]] でよく使用される)。
+
背景が変更されたとき、その背景が指定された「背景が () になったとき」ブロックを持つスプライトは、これに反応し、このブロックの下にあるスクリプトの実行を開始するが、この動作は、[[メッセージ]]で代用することができる。ただしこの場合は、ブロックが1つ余分に追加される分、わずかな遅延が発生することがある。次にメッセージを使ってこのブロックの動作を実現した例を示す(この手法は、[[Scratch 1.x]]でよく使用される)。
 
 
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
 
背景を [渓谷 v] にする
 
背景を [渓谷 v] にする
55行目: 52行目:
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
  
==参照==
+
==関連項目==
 
*[[背景]]
 
*[[背景]]
 
*[[背景を () にする (ブロック)|背景を () にする]]
 
*[[背景を () にする (ブロック)|背景を () にする]]
61行目: 58行目:
 
*[[背景の名前 (ブロック)|背景の名前]]
 
*[[背景の名前 (ブロック)|背景の名前]]
 
*[[背景の番号 (ブロック)|背景 #]]
 
*[[背景の番号 (ブロック)|背景 #]]
 +
 
{{イベントブロック}}
 
{{イベントブロック}}
[[カテゴリ:イベントブロック]][[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 
  
 +
[[カテゴリ:イベントブロック]]
 +
[[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 +
 +
[[en:When Backdrop Switches to () (block)]]
 
[[de:Wenn das Bühnenbild zu () wechselt (Block)]]
 
[[de:Wenn das Bühnenbild zu () wechselt (Block)]]

2017年4月10日 (月) 14:21時点における版

背景が () になったとき
背景が [背景1 v] になったとき
カテゴリ イベント
タイプ ハット
追加 Scratch 2.0

背景が () になったときブロックイベントブロックハットブロック)は、ステージの背景が指定したものに切り替わったとき、下に置かれたスクリプトの動作を開始するブロックである。

使用例

  • ゲームのステージ1を開始する
背景を [ステージ1 v] にする
背景が [ステージ1 v] になったとき // スプライト側に記述
x座標を (0)、y座標を (0) にする
  • ゲームオーバーのメッセージ
背景を [ゲームオーバー v]にする // ステージ側に記述
背景が [ゲームオーバー v] になったとき // スプライト側に記述
隠す
  • メニューを入れ替える
背景を [メニュー3 v] にする
背景が [メニュー3 v] になったとき // 「メニュー3」を開いたとき
前に出す //メニューアイテムを前面に移動
表示する //これによって、メニューを表示

再帰(相互再帰)

このブロックを使って再帰状態を作ると、永続的にスクリプトを実行することができる。次に例を示す。

背景が [吹雪 v] になったとき //最初に背景を変更して、再帰開始のトリガー(きっかけ)とする
. . .
背景を [晴れ v] にする //これが次のスクリプトを開始するトリガーとなる

背景が [晴れ v] になったとき
. . .
背景を [吹雪 v] にする //これで1サイクルが終了。以後、このサイクルが繰り返される

別のブロックによる表現

背景が変更されたとき、その背景が指定された「背景が () になったとき」ブロックを持つスプライトは、これに反応し、このブロックの下にあるスクリプトの実行を開始するが、この動作は、メッセージで代用することができる。ただしこの場合は、ブロックが1つ余分に追加される分、わずかな遅延が発生することがある。次にメッセージを使ってこのブロックの動作を実現した例を示す(この手法は、Scratch 1.xでよく使用される)。

背景を [渓谷 v] にする
[渓谷 v] を送る

背景が [渓谷 v] になったとき
. . .

関連項目