提供: Japanese Scratch-Wiki

< 緑の旗が押されたとき (ブロック)

(漢字が残ってたので変更)
(→‎べつのブロックでのひょうげん: hatblockなってなかった)
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
{{ひらがなページ}}{{ブロック/ひらがな
+
{{ひらがなページ|みどりのはたがクリックされたとき (ブロック)}}{{ブロック/ひらがな
 
|name = みどりのはたがクリックされたとき
 
|name = みどりのはたがクリックされたとき
|block = <sb>@greenFlag がクリックされたとき</sb>
+
|block = <sb>@greenFlag が押されたとき::events hat</sb>
 
|category = [[イベントブロック|イベント]]
 
|category = [[イベントブロック|イベント]]
 
|type = [[ハットブロック|ハット]]
 
|type = [[ハットブロック|ハット]]
19行目: 19行目:
  
 
*[[リスト]]のようそをすべてさくじょする
 
*[[リスト]]のようそをすべてさくじょする
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
(すべて v)ばんめを[リスト v]からさくじょする::list</scratchblocks>
+
[リスト v]のすべてをさくじょする::list</scratchblocks>
  
 
*[[変数|へんすう]]をリセット
 
*[[変数|へんすう]]をリセット
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
[へんすう v]を(0)にする</scratchblocks>
 
[へんすう v]を(0)にする</scratchblocks>
  
 
*[[スプライト]]のひょうじ/ひひょうじをきりかえたり、[[コスチューム]]をかえたりしてシーンのせっていをおこなう
 
*[[スプライト]]のひょうじ/ひひょうじをきりかえたり、[[コスチューム]]をかえたりしてシーンのせっていをおこなう
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
かくす::looks
 
かくす::looks
 
コスチュームを [コスチューム1 v] にする</scratchblocks>
 
コスチュームを [コスチューム1 v] にする</scratchblocks>
  
 
*すべてのペンをけす
 
*すべてのペンをけす
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
けす::pen</scratchblocks>
 
けす::pen</scratchblocks>
  
 
*おんがくをさいせいする
 
*おんがくをさいせいする
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
ずっと
 
ずっと
 
おわるまで [きょく v] のおとをならす::sound
 
おわるまで [きょく v] のおとをならす::sound
42行目: 42行目:
  
 
*[[クローン]]をつくる
 
*[[クローン]]をつくる
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
[じぶんじしん v] のクローンをつくる::control</scratchblocks>
 
[じぶんじしん v] のクローンをつくる::control</scratchblocks>
  
 
うえにかいてあるようなブロックをじっこうしたあとも、スクリプトはただしくつづく。
 
うえにかいてあるようなブロックをじっこうしたあとも、スクリプトはただしくつづく。
<scratchblocks>@greenFlag がクリックされたとき
+
<scratchblocks>@greenFlag が押されたとき::events hat
 
がぞうこうかをなくす::looks
 
がぞうこうかをなくす::looks
 
xざひょうを (0) 、yざひょうを (0) にする::motion
 
xざひょうを (0) 、yざひょうを (0) にする::motion
61行目: 61行目:
  
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
@greenFlag がクリックされたとき
+
@greenFlag が押されたとき::events hat
 
[message1 v]をおくる::events
 
[message1 v]をおくる::events
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
76行目: 76行目:
  
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
[Scratch-StartClicked v] をうけとったとき::events
+
[Scratch-StartClicked v] をうけとったとき::events hat
 
[Hello world!] という::looks
 
[Hello world!] という::looks
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
91行目: 91行目:
 
(0.1)びょうまつ::control  
 
(0.1)びょうまつ::control  
  
@greenFlag がクリックされたとき
+
@greenFlag が押されたとき::events hat
 
チェック::custom
 
チェック::custom
  
99行目: 99行目:
  
 
{{イベントブロック/ひらがな}}
 
{{イベントブロック/ひらがな}}
[[カテゴリ:イベントブロック]]
+
[[カテゴリ:イベントブロック]]{{デフォルトソート:みとりのはたかおされたとき (ふろつく)/ひらかな}}

2020年1月28日 (火) 08:18時点における最新版

これはひらがな記事です。元記事に戻る
みどりのはたがクリックされたとき
@greenFlag が押されたとき::events hat
カテゴリ イベント
タイプ ハット
ついか Scratch 1.0

みどりのはたがクリックされたときブロックイベントブロックハットブロック)は、みどりのはたがクリックされたときに、したにくまれたスクリプトをじっこうするブロックである。このスクリプトからほかのスクリプトをかいしすることで、プログラムぜんたいがじっこうされていく。

このブロックをつかわないでプロジェクトをじっこうしようとすると、キーがおされたこと、または、スプライト(ステージ)がクリックされたことをけんちするほうほうがかんがえられるが、このばあい、さいしょのスクリプトからひきおこされたスクリプトのどうさがすべておわっただんかいで、プロジェクトがしゅうりょうする。 このブロックをつかわないプロジェクトをつくるることはできるが、すいしょうしない。もどりのはたはプロジェクトのかいしをあらわし、このブロックによってプロジェクトのかいしポイントがはんだんできるからである。

なお、このブロックはScratchでいちばんおおくつかわれているブロックである。

しようれい

ふつう、プロジェクトをかいしするといろいろなどうさがはまるが、これはそれらのどうさがこのブロックのしたにかかれれているからである。このブロックのよくあるしようれいをつぎにあげる。

  • リストのようそをすべてさくじょする
@greenFlag が押されたとき::events hat
[リスト v]のすべてをさくじょする::list
@greenFlag が押されたとき::events hat
[へんすう v]を(0)にする
@greenFlag が押されたとき::events hat
かくす::looks
コスチュームを [コスチューム1 v] にする
  • すべてのペンをけす
@greenFlag が押されたとき::events hat
けす::pen
  • おんがくをさいせいする
@greenFlag が押されたとき::events hat
ずっと
おわるまで [きょく v] のおとをならす::sound
end
@greenFlag が押されたとき::events hat
[じぶんじしん v] のクローンをつくる::control

うえにかいてあるようなブロックをじっこうしたあとも、スクリプトはただしくつづく。

@greenFlag が押されたとき::events hat
がぞうこうかをなくす::looks
xざひょうを (0) 、yざひょうを (0) にする::motion
[はじめ! v]をおくる::control
ずっと
もし <(メーター) < [0]> なら
[あなたのまけ v]をおくる::events
end
end

エラー

1つのプロジェクトのなかでこのブロックを2ついじょうつかっていると、プロジェクトをじっこうしたときにりゆうがとくていしづらいエラーをひきおこすことがある(たとえば、スタートボタンを2かいおすたびにエラーがはっせいする、どうさのタイミングがずれるなどのことがおこる)。 このエラーにたいするもっともシンプルなかいひさくは、「みどりのはたがブロックされたとき」は1つだけつかって、そのなかに() をおくるブロックをいれて、プロジェクトをはじめたときにじっこうしたいそのほかのスクリプトは、すべてそのメッセージでじっこうされるようにするというものだ。そのほかにも、みどりのはたをなんかいかクリックする、ターボモードでじっこうするというかいひさくもある。

@greenFlag が押されたとき::events hat
[message1 v]をおくる::events

べつのブロックでのひょうげん

[タイマー v] > (-1) のとき
[Hello world!] という::looks

げんざい、このブロックのだいようとしてきのうするのは、うえのスクリプトだけである。 Scratchは、プロジェクトをさいしょにひらいたときすべてのハットブロックをきゅうみんじょうたいにしており、みどりのはたがクリックされたタイミングで、タイマーが0にセットされて、「みどりのはたがクリックされたとき」ブロックがどうさを始める。 じょうきのスクリプトには1つだけもんだいがある。プロジェクトの「なかをみる」をクリックしたときに、じどうてきにどうさをはじめてしまうというてんである。

[Scratch-StartClicked v] をうけとったとき::events hat
[Hello world!] という::looks

Scratch2.0よりまえのバージョンでは、うえのブロックでだいようすることができた。

ストップがクリックされたとき

おおくのユーザーから「ストップがクリックされたとき」というイベントブロックをどうにゅうしてほしいとのこえがあがっているが、これまでこのようぼうは、「ストップボタンは、すべてのプロジェクトをていしさせるためのものであり、あらたなスクリプトのトリガーとしてきのうさせるつもりはない」というりゆうでまいかいきゃっかされている。

うえのように「ストップがクリックされたとき」になんらかのスクリプトをじっこうさせたいときは、つぎのようにけばできる。

ていぎ {チェック::custom}::hat custom
タイマーをリセット // 0.1びょうごとにタイマーをリセットして、タイマーちを0.2よりひくくたもつ
(0.1)びょうまつ::control 

@greenFlag が押されたとき::events hat
チェック::custom

[タイマー v] > (0.2) のとき // ストップボタンがクリックされたとき、タイマーがリセットされなくなるため、0.2いじょうになる
... // ストップボタンがクリックされたときじっこうするスクリプトをかく
チェック::custom

テンプレート:イベントブロック/ひらがな

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。