提供: Japanese Scratch-Wiki

(カテゴリー→カテゴリ)
6行目: 6行目:
 
|added = 1.0
 
|added = 1.0
 
}}緑の旗がクリックされたとき[[ブロック]]は、イベントカテゴリのハットブロックである。
 
}}緑の旗がクリックされたとき[[ブロック]]は、イベントカテゴリのハットブロックである。
 +
<!--ここから未編集-->
 +
このブロックに組まれた他のブロックはステージの右上にある緑の旗をクリックすると組まれたブロックが実行される。<br>
 +
さらにこのブロックだと他のブロックも同時に実行することもできる。<br>
 +
<br>
 +
 このブロックが無いとプロジェクトを実行するにはキーボードでのスタートボタンを作るか[[このスプライトがクリックされたとき]]を使うしかない。<br>
 +
そしてこのブロックはほとんどプロジェクトに使われており、必要不可欠なブロックでもある。<br>
 +
<br>
 +
 このブロックを使わずプロジェクトを作成するのはあまりおすすめできない。なぜならウェブ上でプロジェクトを実行する場合緑の旗を<br>
 +
クリックしないと実行されないからだ。<br>
 +
<br>
 +
 +
== 実用例 ==
 +
このブロックの下に組まれたブロックはプロジェクトが開始された時にしか実行されません。以下、一般的な実用例です。<br>
 +
<br>
 +
*プロジェクトを開始する時、リストの中を全て削除する<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
(すべて v)番目を[リスト v]から削除する
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
<br>
 +
*変数をリセットする<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
[変数 v]を(0)にする
 +
</scratchblocks>
 +
 +
<br>
 +
<br>
 +
*スプライトを隠したりしてその場のシーンを設定する<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
隠す
 +
コスチュームを [costume1 v] にする
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
*ペンで書いたデータをリセット<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
消す
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
<br>
 +
*音楽を再生する<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
ずっと
 +
   
 +
終わるまで [meow v] の音を鳴らす
 +
end
 +
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
<br>
 +
 このようなブロックを使った後は通常通りにブロックは実行されます。(例)<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
画像効果をなくす
 +
x座標を (0) 、y座標を (0) にする
 +
ずっと
 +
   
 +
もし <(meter) < [ 0]> なら
 +
 +
[あなたの負け v]を送る
 +
   
 +
end
 +
 +
end
 +
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
 +
== エラー ==
 +
たくさんのブロックを同時に実行させるとプロジェクトの実行した時に見つかりにくいエラーが起こる可能性がある。<br>
 +
だがプロジェクトを実行させた時にメッセージ(Broadcast)を使って実行させると容易に直る。<br>
 +
(あまりプロジェクトの開始時に同時にブロックを実行させるのも良くない)<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
[message1 v]を送る
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
<br>
 +
 +
== 他の考え方 ==
 +
 このブロックの組み合わせ方が緑の旗がクリックされた時を使わずにプロジェクトを実行させる唯一の方法である。<br>
 +
[[Scratch]]はプロジェクトを開始させる時に使うハットブロックは緑の旗がクリックされてプロジェクトのタイマーが0の時に実行させる。<br>
 +
だがこの方法はプロジェクトを実行するとすぐハットブロックが実行されてしまう。<br>
 +
<br>
 +
[[ファイル:Hello World.PNG]]
 +
<br>
 +
 Scratch2.0より前のバージョンではこのブロックを使うことで'''緑の旗がクリックされたとき'''を使わず実行させることができる。<br>
 +
(だがこの方法は[[Scratch1.4]]でしか使うことはできない)<br>
 +
<br>
 +
 +
== ストップがクリックされたとき ==
 +
 ストップがクリックされたときは、沢山のユーザーの願いを取り入れて作られた一つのイベントブロックである。またこれはプロジェクトを完全に停止させるために使う。<br>
 +
<br>
 +
 ちなみにストップブロックと別に同じ効果をもたせる方法は以下参照。
 +
<scratchblocks>
 +
定義 チェック
 +
ずっと
 +
 +
タイマーをリセット
 +
(0.1)秒待つ
 +
 +
end
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
<scratchblocks>
 +
 +
@ がクリックされたとき
 +
チェック
 +
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
<scratchblocks>
 +
もし<[タイマー] < (0.2)>なら
 +
...
 +
チェック
 +
 +
</scratchblocks>
 +
<br>
 +
 +
[[en:When Green Flag Clicked (block)]]
 +
[[de:Wenn Grüne Flagge angeklickt (Block)]]
 +
[[id:ketika bendera hijau diklik (balok)]]
 +
[[ru:Когда зелёный флаг нажат (блок)]]

2016年1月31日 (日) 07:10時点における版

緑の旗がクリックされたとき
カテゴリ イベント
タイプ ハットブロック
追加 Scratch 1.0

緑の旗がクリックされたときブロックは、イベントカテゴリのハットブロックである。

このブロックに組まれた他のブロックはステージの右上にある緑の旗をクリックすると組まれたブロックが実行される。
さらにこのブロックだと他のブロックも同時に実行することもできる。

 このブロックが無いとプロジェクトを実行するにはキーボードでのスタートボタンを作るかこのスプライトがクリックされたときを使うしかない。
そしてこのブロックはほとんどプロジェクトに使われており、必要不可欠なブロックでもある。

 このブロックを使わずプロジェクトを作成するのはあまりおすすめできない。なぜならウェブ上でプロジェクトを実行する場合緑の旗を
クリックしないと実行されないからだ。

実用例

このブロックの下に組まれたブロックはプロジェクトが開始された時にしか実行されません。以下、一般的な実用例です。


  • プロジェクトを開始する時、リストの中を全て削除する

@ がクリックされたとき
(すべて v)番目を[リスト v]から削除する



  • 変数をリセットする

@ がクリックされたとき
[変数 v]を(0)にする



  • スプライトを隠したりしてその場のシーンを設定する

@ がクリックされたとき
隠す
コスチュームを [costume1 v] にする


  • ペンで書いたデータをリセット

@ がクリックされたとき
消す



  • 音楽を再生する

@ がクリックされたとき
ずっと
    
終わるまで [meow v] の音を鳴らす
end



 このようなブロックを使った後は通常通りにブロックは実行されます。(例)


@ がクリックされたとき
画像効果をなくす
x座標を (0) 、y座標を (0) にする
ずっと
    
もし <(meter) < [ 0]> なら

[あなたの負け v]を送る
    
end

end


エラー

たくさんのブロックを同時に実行させるとプロジェクトの実行した時に見つかりにくいエラーが起こる可能性がある。

だがプロジェクトを実行させた時にメッセージ(Broadcast)を使って実行させると容易に直る。
(あまりプロジェクトの開始時に同時にブロックを実行させるのも良くない)


@ がクリックされたとき
[message1 v]を送る



他の考え方

 このブロックの組み合わせ方が緑の旗がクリックされた時を使わずにプロジェクトを実行させる唯一の方法である。
Scratchはプロジェクトを開始させる時に使うハットブロックは緑の旗がクリックされてプロジェクトのタイマーが0の時に実行させる。
だがこの方法はプロジェクトを実行するとすぐハットブロックが実行されてしまう。

ファイル:Hello World.PNG
 Scratch2.0より前のバージョンではこのブロックを使うことで緑の旗がクリックされたときを使わず実行させることができる。
(だがこの方法はScratch1.4でしか使うことはできない)

ストップがクリックされたとき

 ストップがクリックされたときは、沢山のユーザーの願いを取り入れて作られた一つのイベントブロックである。またこれはプロジェクトを完全に停止させるために使う。

 ちなみにストップブロックと別に同じ効果をもたせる方法は以下参照。

定義 チェック
ずっと

タイマーをリセット
(0.1)秒待つ

end



@ がクリックされたとき
チェック


もし<[タイマー] < (0.2)>なら
...
チェック