提供: Japanese Scratch-Wiki

(英語版からの翻訳)
 
7行目: 7行目:
 
}}
 
}}
  
 +
[[ファイル:gakki.png|thumb|right|使用可能な楽器]]
 
'''楽器を () にする'''[[ブロック]]([[音ブロック]]/ [[スタックブロック|スタックブロック]])は、[[() の音符を () 拍鳴らす (ブロック)|() の音符を () 拍鳴らす]]ブロックを実行したときに鳴る、[[MIDI音源|MIDI]][[楽器]]の種類を変更するブロックである([[() のドラムを () 拍鳴らす (ブロック)|() のドラムを () 拍鳴らす]]ブロックは、ブロック自体でドロップダウンメニューから楽器を選択できるため、この「楽器を () にする」ブロックの影響を受けない)。
 
'''楽器を () にする'''[[ブロック]]([[音ブロック]]/ [[スタックブロック|スタックブロック]])は、[[() の音符を () 拍鳴らす (ブロック)|() の音符を () 拍鳴らす]]ブロックを実行したときに鳴る、[[MIDI音源|MIDI]][[楽器]]の種類を変更するブロックである([[() のドラムを () 拍鳴らす (ブロック)|() のドラムを () 拍鳴らす]]ブロックは、ブロック自体でドロップダウンメニューから楽器を選択できるため、この「楽器を () にする」ブロックの影響を受けない)。
  

2017年9月3日 (日) 13:34時点における版

楽器を () にする
カテゴリ
タイプ スタック
使用可能な楽器

楽器を () にするブロック音ブロックスタックブロック)は、() の音符を () 拍鳴らすブロックを実行したときに鳴る、MIDI楽器の種類を変更するブロックである(() のドラムを () 拍鳴らすブロックは、ブロック自体でドロップダウンメニューから楽器を選択できるため、この「楽器を () にする」ブロックの影響を受けない)。

1つのスプライトで同時に演奏できる楽器は1つだけなので、複数の楽器の音を同時に鳴らすには、スプライトを複数用意するか、クローンを作成する必要がある。

使用例

このブロックを使うと使用する楽器が変更できるので、おもに、複数の楽器を使用するプロジェクトで使われる。

よくある使用例は次のとおり:

  • 必要に応じて楽器を変更するプロジェクト
  • 使用する楽器をプログラム的に制御するプロジェクト
  • 複数の楽器を使用した楽曲を作成する
  • 効果音を作成する

参照