提供: Japanese Scratch-Wiki

2020年8月31日 (月) 09:09時点におけるTakkun0530 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{stub}} Scratchで時計を作る方法として、次の二つがある。 == スプライトを動かす方法 == Scratchで時計を作る際に最も簡単...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目に加筆・訂正などをしてくださる協力者を求めています。

Scratchで時計を作る方法として、次の二つがある。

スプライトを動かす方法

Scratchで時計を作る際に最も簡単な方法は[] 度に向けるを使う方法だ。


スプライト

まず、短針(○時を指すもの)・長針(○分を指すもの)・秒針(○秒を指すもの)のスプライトを用意する。

Warning メモ: この時に針が横を向くように注意しなければならない


プログラム

短針

@greenFlagが押されたとき
ずっと
	(((現在の[時 v])/(12))*(360))度に向ける
end


また、以下のようにすることで滑らかに動かすことができる:

@greenFlagが押されたとき
ずっと
	(((((現在の[時 v])/(12))*(360))+(((現在の[分 v])/(60))*(30)))+(((現在の[秒 v])/(60))*(6)))度に向ける
end


長針

@greenFlagが押されたとき
ずっと
	(((現在の[分 v])/(60))*(360))度に向ける
end


また、以下のようにすることで滑らかに動かすことができる:

@greenFlagが押されたとき
ずっと
	((((現在の[分 v])/(60))*(360))+(((現在の[秒 v])/(60))*(6)))度に向ける
end


秒針

@greenFlagが押されたとき
ずっと
	(((現在の[秒 v])/(60))*(360))度に向ける
end


Penを使う方法

基本的なプログラム(向ける角度)は同じだが、Penを使う分ブロックが増える。

しかし、Penを使うのでスプライトをいくつも使う必要はなくなる。

@greenFlag が押されたとき
ペンの色を[#000000]にする
ずっと
    全部消す
    ペンの太さを(10)にする
    ペンを上げる//ここから時
    x座標を (0) 、y座標を (0) にする
    (((((現在の [時 v]) / (12)) * (360)) + (((現在の [分 v]) / (60)) * (30))) + (((現在の [秒 v]) / (60)) * (6))) 度に向ける
    ペンを下ろす
    (80) 歩動かす
    ペンを上げる//ここから分
    x座標を (0) 、y座標を (0) にする
    ((((現在の [分 v]) / (60)) * (360)) + (((現在の [秒 v]) / (60)) * (6))) 度に向ける
    ペンを下ろす
    (120) 歩動かす
    ペンを上げる//ここから秒
    x座標を (0) 、y座標を (0) にする
    (((現在の [秒 v]) / (60)) * (360)) 度に向ける
    ペンの太さを(5)にする
    ペンを下ろす
    (160) 歩動かす
end