提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「thumb|right|[[()_と_()_(ブロック)|() と ()ブロックで連結された文字列]] 文字列は、バイナリ化された...」)
 
(最後のブロックの赤色だった問題)
 
(4人の利用者による、間の6版が非表示)
1行目: 1行目:
[[ファイル:文字列の連結.png|thumb|right|[[()_と_()_(ブロック)|() と ()]]ブロックで連結された文字列]]
+
{{ひらがなヘッダ}}[[ファイル:文字列の連結.png|thumb|right|[[()_と_()_(ブロック)|() と ()]]ブロックで連結された文字列]]
 
文字列は、バイナリ化された文字の集まりのことである。[[Scratch]]では[[演算ブロック]]を使うと文字列を扱うことができる。文字列は、[[Scratch 1.4]]からサポートされた。
 
文字列は、バイナリ化された文字の集まりのことである。[[Scratch]]では[[演算ブロック]]を使うと文字列を扱うことができる。文字列は、[[Scratch 1.4]]からサポートされた。
 
== 文字列の例 ==
 
== 文字列の例 ==
31行目: 31行目:
 
*[[() (変数ブロック)|<sb>(変数::variables)</sb>]] 変数の中身の文字列を返す
 
*[[() (変数ブロック)|<sb>(変数::variables)</sb>]] 変数の中身の文字列を返す
 
*[[() (リストブロック)|<sb>(リスト::list)</sb>]] リストの中身を連結した文字列を返す
 
*[[() (リストブロック)|<sb>(リスト::list)</sb>]] リストの中身を連結した文字列を返す
*[[() 番目( () ) (ブロック)|<sb>((1 v) 番目( [リスト v] ))</sb>]] リストの特定番目を返す
+
*[[() 番目( () ) (ブロック)|<sb>((1 v) 番目( [リスト v] )::list)</sb>]] リストの特定番目を返す
 
=== スタックブロック ===
 
=== スタックブロック ===
 
文字列を引数に取る[[スタックブロック]]もある。
 
文字列を引数に取る[[スタックブロック]]もある。
40行目: 40行目:
 
*[[() と聞いて待つ (ブロック)|<sb>[あなたの名前は?] と聞いて待つ</sb>]] 引数の文字列を聞いて待つ
 
*[[() と聞いて待つ (ブロック)|<sb>[あなたの名前は?] と聞いて待つ</sb>]] 引数の文字列を聞いて待つ
 
*[[() を () にする (ブロック)|<sb> [変数 v] を (0) にする</sb>]] 変数に引数の文字列を代入する
 
*[[() を () にする (ブロック)|<sb> [変数 v] を (0) にする</sb>]] 変数に引数の文字列を代入する
*[[() を () に追加する (ブロック)|<sb>[thing] を [リスト v] に追加する</sb>]] リストに文字列を追加する
+
*[[() を () に追加する (ブロック)|<sb>[thing] を [リスト v] に追加する::list</sb>]] リストに文字列を追加する
*[[() を () 番目に挿入する( () ) (ブロック)|<sb>[thing] を (1 v) 番目に挿入する([リスト v])</sb>]] リストの指定箇所に文字列を挿入する
+
*[[() を () 番目に挿入する( () ) (ブロック)|<sb>[thing] を (1 v) 番目に挿入する([リスト v])::list</sb>]] リストの指定箇所に文字列を挿入する
*[[() 番目( () )を () で置き換える (ブロック)|<sb>(1 v) 番目([リスト v])を [thing] で置き換える</sb>]] リストの指定箇所を置き換える
+
*[[() 番目( () )を () で置き換える (ブロック)|<sb>(1 v) 番目([リスト v])を [thing] で置き換える::list</sb>]] リストの指定箇所を置き換える
 +
 
 
=== 真偽ブロック ===
 
=== 真偽ブロック ===
 
文字列を引数に取る[[真偽ブロック]]もある。
 
文字列を引数に取る[[真偽ブロック]]もある。
*[[() に () が含まれる (ブロック)|<sb><[リスト v] に [thing] が含まれる></sb>]] リストに特定の文字列が含まれているか
+
*[[() に () が含まれる (ブロック)|<sb><[リスト v] に [thing] が含まれる::list></sb>]] リストに特定の文字列が含まれているか
 
*[[() < () (ブロック)|<sb><[] < []></sb>]] 文字列を昇順に並べたとき、右側が左側より後に来るか
 
*[[() < () (ブロック)|<sb><[] < []></sb>]] 文字列を昇順に並べたとき、右側が左側より後に来るか
 
*[[() = () (ブロック)|<sb><[] = []></sb>]] 2つの文字列が等しいか
 
*[[() = () (ブロック)|<sb><[] = []></sb>]] 2つの文字列が等しいか
 
*[[() > () (ブロック)|<sb><[] > []></sb>]] 文字列を昇順に並べたとき、右側が左側より前に来るか
 
*[[() > () (ブロック)|<sb><[] > []></sb>]] 文字列を昇順に並べたとき、右側が左側より前に来るか
 +
 
== 文字列かどうか ==
 
== 文字列かどうか ==
数値を入れる箇所に文字列を入れると、[[キャストの規則]]により、文字列は0として扱われます。(これを行うには、文字列が変数などに入っている必要がある)これを利用すると、文字列を検出できます。
+
数値を入れる箇所に文字列を入れると、[[キャストの規則]]により、文字列は0として扱われる。(これを行うには、文字列が変数などに入っている必要がある)これを利用すると、文字列を検出できる。
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
 
もし <<((1) + (変数)) = [1]> かつ <<(変数) = [0]>ではない>> なら  
 
もし <<((1) + (変数)) = [1]> かつ <<(変数) = [0]>ではない>> なら  
59行目: 61行目:
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
  
[[カテゴリ:Scratchプログラム]][[en:String]]
+
[[カテゴリ:Scratchプログラム]][[en:String]]{{デフォルトソート:もしれつ}}

2022年1月7日 (金) 02:37時点における最新版

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
() と ()ブロックで連結された文字列

文字列は、バイナリ化された文字の集まりのことである。Scratchでは演算ブロックを使うと文字列を扱うことができる。文字列は、Scratch 1.4からサポートされた。

文字列の例

文字列には、いろいろなパターンがあります。

  • 普通の文字列

[こんにちは]と言う

  • ユーザー名を使って話しかける

([こんにちは、] と ((ユーザー名) と [さん!])) と言う

[終了 v] を受け取ったとき
もし <(スコア) < [3]> なら 
([あなたのスコアは] と ((スコア) と [です。次はがんばろう!]))と(2)秒言う
でなければ
([あなたのスコアは] と ((スコア) と [です。このまま続けよう!]))と(2)秒言う
end
  • 空文字列(文字がない)
[テスト v] を [] にする//中身は空
[テスト v] を ((テスト) と [あ]) にする//中身は「あ」

文字列に関するブロック

値ブロック

値ブロックの中には、文字列を扱うことのできるものがある。

スタックブロック

文字列を引数に取るスタックブロックもある。

真偽ブロック

文字列を引数に取る真偽ブロックもある。

文字列かどうか

数値を入れる箇所に文字列を入れると、キャストの規則により、文字列は0として扱われる。(これを行うには、文字列が変数などに入っている必要がある)これを利用すると、文字列を検出できる。

もし <<((1) + (変数)) = [1]> かつ <<(変数) = [0]>ではない>> なら 
[文字列]と言う
でなければ
[数値]と言う
end
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。