提供: Japanese Scratch-Wiki

(方法 1)
 
13行目: 13行目:
  
 
この方法がうまくいくのは、[[() を () で割った余り (ブロック)|() を () で割った余り]]ブロックは、余りが整数でない場合でも、その数をそのまま返すからである。たとえば <sb>((1.2478) を (1) で割った余り)</sb> は、0.2478を返す (0ではない)。
 
この方法がうまくいくのは、[[() を () で割った余り (ブロック)|() を () で割った余り]]ブロックは、余りが整数でない場合でも、その数をそのまま返すからである。たとえば <sb>((1.2478) を (1) で割った余り)</sb> は、0.2478を返す (0ではない)。
 +
 +
== 方法 3 ==
 +
次の論理式は、与えられた数が整数のとき、真(true)を返す。
 +
<scratchblocks><((n) * (1))に[.]が含まれる::operator></scratchblocks>
 +
 +
これは、整数ではない数は小数点を含むことを利用した判定方法。
 +
nに1をかけているのは、Scratchは、計算をすると、小数点以下にある、右側から連なる0を省略する特性があるからだ。
 +
 +
例:123.12312300000 * 1 = 123.123123
 +
 +
12.0は整数だが、小数点を含む。このように、小数点を含んでいるが整数の値に対応するため、1をかけている。
  
 
[[カテゴリ:数学チュートリアル]]
 
[[カテゴリ:数学チュートリアル]]
 
[[en:Checking_for_Integers]]
 
[[en:Checking_for_Integers]]
 
[[id:Mengecek Angka]]{{デフォルトソート:せいすうちえつく}}
 
[[id:Mengecek Angka]]{{デフォルトソート:せいすうちえつく}}

2020年7月5日 (日) 06:06時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
このチュートリアルでは、与えられた数が整数かどうか調べる方法を説明する。整数とは、1でわったときに余りがでない数を指す。言い換えれば、小数、分数、無理数などは整数ではない。

方法 1

次の論理式は、与えられた数が整数のとき、真 (true) を返す。

<((数)の[切り下げ v]::operators) = (数)>

これは「切り捨て」関数( () の () ブロック)は、その数以下となる最大の整数を返すので、与えられた数が整数の場合は、結果として自分自身と同じ数を返すからである。「切り上げ」関数、() を四捨五入ブロックを使っても同じことが可能である。

方法 2

次の論理式は、与えられた数が整数のとき、真 (true) を返す。

<((n) を (1) で割った余り) = (0)>

この方法がうまくいくのは、() を () で割った余りブロックは、余りが整数でない場合でも、その数をそのまま返すからである。たとえば ((1.2478) を (1) で割った余り) は、0.2478を返す (0ではない)。

方法 3

次の論理式は、与えられた数が整数のとき、真(true)を返す。

<((n) * (1))に[.]が含まれる::operator>

これは、整数ではない数は小数点を含むことを利用した判定方法。 nに1をかけているのは、Scratchは、計算をすると、小数点以下にある、右側から連なる0を省略する特性があるからだ。

例:123.12312300000 * 1 = 123.123123

12.0は整数だが、小数点を含む。このように、小数点を含んでいるが整数の値に対応するため、1をかけている。