提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年8月14日 (火) 09:38時点におけるApple bot (トーク | 投稿記録)による版 (ひらがなヘッダの追加 (Bot))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
廃止されたブロックは、Scratchの現行バージョンで実装されていないブロックで、undefinedのように赤いブロックで「undefined」とあることが多い。一部は正常動作するが、すべてがそうとは限らない。

未定義のブロックは、Scratchのどのバージョンでも実装されないブロックで、動作しない。

廃止の理由

このような理由が主に挙げられる。

  • () の絶対値のように、互換性のあるブロックが新しくできたため。
  • Color FX Testのように、バグで存在したため。

廃止された/未定義のブロックを得る

  1. Scratch 1.4にて、モーターやセンサー、うるさいなどのブロックつきのプロジェクトを作成し、Scratch 2.0にて開く。
  2. 定義ブロックの定義ではないほうをバックパックに入れ、取り出す。

関連項目