提供: Japanese Scratch-Wiki

(英語版からの翻訳(使用例が微妙な気がしますが))
 
(このブロックは相対変化なので、説明を少し変えました。)
7行目: 7行目:
 
| default    = 10
 
| default    = 10
 
}}
 
}}
'''大きさを () ずつ変える'''[[ブロック]]([[見た目ブロック]]/[[スタックブロック]])は、[[スプライト]]の大きさを指定した割合(パーセント)だけ現在の値から変更するブロックである。デフォルト(初期状態)のスプライトの大きさは100であり、100より小さい値を与えるスプライトが縮小し、100より大きい値を与えるとスプライトが拡大する。
+
'''大きさを () ずつ変える'''[[ブロック]]([[見た目ブロック]]/[[スタックブロック]])は、[[スプライト]]の大きさを指定した割合(パーセント)だけ現在の値から変更するブロックである。デフォルト(初期状態)のスプライトの[[大きさ (値)|大きさ]]は100であり、マイナスの値を与えるとスプライトが縮小し、プラスの値を与えるとスプライトが拡大する。
  
 
==使用例==
 
==使用例==

2016年6月28日 (火) 02:02時点における版

大きさを () ずつ変える
カテゴリ 見た目
タイプ スタック

大きさを () ずつ変えるブロック見た目ブロックスタックブロック)は、スプライトの大きさを指定した割合(パーセント)だけ現在の値から変更するブロックである。デフォルト(初期状態)のスプライトの大きさは100であり、マイナスの値を与えるとスプライトが縮小し、プラスの値を与えるとスプライトが拡大する。

使用例

このブロックはスプライトの大きさを変更したい場合に使用する。よくある使用例は次のとおり:

  • 3D空間にいるスプライト(スプライトが奥に行ったときは小さく、手前に来たときは大きくする必要がある)
  • オブジェクトが成長する様子を表す
  • オブジェクトが縮んでいく様子を表す
  • ペンブロックのスタンプ機能をつかってスプライトをペンブラシとして使うとき、ブラシの大きさを変える
  • 「水」スプライトを縮小して、プールの水が排水口に流れていく様子を表す

別のブロックによる表現

詳細は「代用ブロック一覧」を参照

このブロックの動作は次のコードで再現できる。

大きさを ((大きさ) + (大きくする量))% にする

しかし、「大きさを () ずつ変える」ブロックは値を丸めて使用するのに対して、演算ブロックはそのままの数値を返すため、この2つは厳密に同じ動作とは言えない[要出典]

参照