提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「'''変数ブロック'''は、データブロックの2つのサブカテゴリのうちの1つであり、ブロックの色はオレンジ色...」)
 
(s)
16行目: 16行目:
  
 
[[Scratch 2.0]] の変数ブロックには、次の値ブロックが存在する:
 
[[Scratch 2.0]] の変数ブロックには、次の値ブロックが存在する:
*[[() (変数ブロック)|<scratchblocks>(変数::variable)</scratchblocks>]]
+
*[[() (変数ブロック)|<scratchblocks>(変数::variables)</scratchblocks>]]
  
 
==リストブロック==
 
==リストブロック==

2017年1月15日 (日) 05:30時点における版

変数ブロックは、データブロックの2つのサブカテゴリのうちの1つであり、ブロックの色はオレンジ色に統一されている。このカテゴリのブロックは、変数に数値や文字列を保存して、プログラムで利用するために使われる。なお、変数の値は、モニターを使って画面上に表示することができる。 現在、変数ブロックには、4個のスタックブロックと1個の値ブロックが含まれている。

Scratch 1.4では、「変数ブロック」はScratchの10個のメインブロックカテゴリの1つとして扱われていたが、現在はデータブロックのサブカテゴリとなっている。ただし、このときの「変数ブロック」には、現在データブロックのもう1つのサブカテゴリとして扱われているリストブロックも含まれていた。

ブロック

Warning メモ: それぞれのブロックについてくわしく知りたいときは、そのブロックをクリックする。

変数は演算ブロックに組み込んで使用することもできる。

Scratch 2.0 の変数ブロックには、次の4つのスタックブロックが存在する:

Scratch 2.0 の変数ブロックには、次の値ブロックが存在する:

リストブロック

詳細は「リストブロック」を参照

Scratch 1.4では、リストブロックは「変数ブロック」のサブカテゴリであった。

テンプレート:データブロック