提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年3月24日 (土) 01:12時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「'''合作用のアカウント'''は2以上のScratcherが合作用にパスワードなどを共有して作成されるアカウントをさす。これを使うと...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

合作用のアカウントは2以上のScratcherが合作用にパスワードなどを共有して作成されるアカウントをさす。これを使うと、リミックスなしでプロジェクトを作成することができる。ただ、問題も多く、禁止されている

問題点

合作用のアカウントはだれが操作したかの公式記録が残らず、Scratchチームはプロジェクトのバックアップを保管しない。そのため、アカウントの所有者はすべての責任を負わないといけなくなる。また、アカウント設定からメールアドレスが閲覧でき、プライバシー上好ましくない。

コミュニティーガイドライン違反があったとしても、Scratchチームはだれがアカウントを使ったかはわからない。そのため、無実の人も含め使用者全員がブロックされる。

サブアカウント化する

Warning
メモ:
合作用のアカウントを削除する必要はないが、一人のサブアカウントとすることが推奨されている。

Scratchチームは、合作用のアカウントを、使用者1人のサブアカウントとすることを推奨している。そうした場合は、パスワードとメールアドレスを変更する必要がある。

合作用のアカウントの代わり

リミックス/バックパック

リミックスは合作に適している。リミックス作品をスタジオで管理するのもいいだろう。

合作トピック

ディスカッションフォーラムの合作トピックを使うと、連絡などができる。

FAQ

すべての合作用アカウントはアカウントブロックされるか?

いいえ、サブアカウントに変換するかたずねられます。

家族でアカウントを共有できるか?

たいていの場合は大丈夫です。同一コンピューターで一緒に作業する場合は、使ってもかまわない。

先生が生徒でアカウントを使いまわすが、いいことなのか?

非推奨である。だれかがコミュニティーガイドラインを破ったら、クラス全員がアカウントを失うからだ。

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。