提供: Japanese Scratch-Wiki

(ひらがなヘッダの追加 (Bot))
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
{{廃止された機能}}
+
{{ひらがなヘッダ}}{{廃止された機能}}
 
Scratch 1.4までは、次のようなスクリプトを[[ステージ]]に書くことで、発表モードでの右クリック検出ができた。
 
Scratch 1.4までは、次のようなスクリプトを[[ステージ]]に書くことで、発表モードでの右クリック検出ができた。
  
10行目: 10行目:
 
[マウス v]を[右]にする
 
[マウス v]を[右]にする
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
{{stub}}
+
== 使用例 ==
 +
* OS
 +
* 隠しメニュー
 
[[en:Right_Mouse_Detection]]
 
[[en:Right_Mouse_Detection]]
[[カテゴリ:チュートリアル]]
+
[[カテゴリ:スクリプトチュートリアル]]
 
{{デフォルトソート:みきくりつくをけんしゆつするほうほう}}
 
{{デフォルトソート:みきくりつくをけんしゆつするほうほう}}

2018年8月14日 (火) 10:33時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

Scratch 1.4までは、次のようなスクリプトをステージに書くことで、発表モードでの右クリック検出ができた。

スクリプト

ステージがクリックされたとき::hat events
もし<マウスが押された>なら
[マウス v]を[左]にする
でなければ
[マウス v]を[右]にする

使用例

  • OS
  • 隠しメニュー