提供: Japanese Scratch-Wiki

(記事リンクの修正。)
(sbタグに変更)
8行目: 8行目:
  
 
Scratch 2.0では、制御カテゴリのハットブロックは1つしか存在しない:
 
Scratch 2.0では、制御カテゴリのハットブロックは1つしか存在しない:
*[[クローンされたとき (ブロック)|<scratchblocks>クローンされたとき</scratchblocks>]]
+
*[[クローンされたとき (ブロック)|<sb>クローンされたとき</sb>]]
  
 
Scratch 2.0には、制御カテゴリのスタックブロックが次の3つ存在する:
 
Scratch 2.0には、制御カテゴリのスタックブロックが次の3つ存在する:
  
*[[() 秒待つ (ブロック)|<scratchblocks>(1) 秒待つ</scratchblocks>]]
+
*[[() 秒待つ (ブロック)|<sb>(1) 秒待つ</sb>]]
*[[() まで待つ (ブロック)|<scratchblocks> <> まで待つ</scratchblocks>]]
+
*[[() まで待つ (ブロック)|<sb> <> まで待つ</sb>]]
*[[() のクローンを作る (ブロック)|<scratchblocks>[自分自身 v] のクローンを作る </scratchblocks>]]
+
*[[() のクローンを作る (ブロック)|<sb>[自分自身 v] のクローンを作る </sb>]]
  
 
Scratch 2.0には、制御カテゴリのC型ブロックが次の5つ存在する:
 
Scratch 2.0には、制御カテゴリのC型ブロックが次の5つ存在する:
  
*[[() 回繰り返す (ブロック)|<scratchblocks>(10) 回繰り返す</scratchblocks>]]
+
*[[() 回繰り返す (ブロック)|<sb>(10) 回繰り返す</sb>]]
*[[ずっと (ブロック)|<scratchblocks>ずっと</scratchblocks>]]
+
*[[ずっと (ブロック)|<sb>ずっと</sb>]]
*[[もし () なら (ブロック)|<scratchblocks>もし <> なら</scratchblocks>]]
+
*[[もし () なら (ブロック)|<sb>もし <> なら</sb>]]
*[[もし () なら、でなければ (ブロック)|<scratchblocks>もし <> なら
+
*[[もし () なら、でなければ (ブロック)|<sb>もし <> なら
でなければ</scratchblocks>]]
+
でなければ</sb>]]
*[[() まで繰り返す (ブロック)|<scratchblocks><> まで繰り返す </scratchblocks>]]
+
*[[() まで繰り返す (ブロック)|<sb><> まで繰り返す </sb>]]
  
 
Scratch 2.0 には、制御カテゴリのキャップブロックが次の2つ存在する:
 
Scratch 2.0 には、制御カテゴリのキャップブロックが次の2つ存在する:
  
*[[() を止める (ブロック)|<scratchblocks>[すべて v] を止める</scratchblocks>]]
+
*[[() を止める (ブロック)|<sb>[すべて v] を止める</sb>]]
*[[このクローンを削除する (ブロック)|<scratchblocks>このクローンを削除する</scratchblocks>]]
+
*[[このクローンを削除する (ブロック)|<sb>このクローンを削除する</sb>]]
  
 
==提案==
 
==提案==

2017年6月29日 (木) 08:18時点における版

制御ブロックScratch 2.0 ブロックの10個のカテゴリの1つで、ブロックの色は山吹色(赤みがかった黄色)で統一されている。このカテゴリには、スクリプトの制御に使用されるブロックが含まれている。 Scratch 1.4以前は、現在のイベントブロックに含まれるブロックも、このカテゴリに含まれていた。 現在、制御ブロックのカテゴリには、ハットブロックが1つ、スタックブロックが3つ、C型ブロックが5つ、キャップブロックが2つ含まれている。

ブロック

Warning
メモ:
それぞれのブロックについてくわしく知りたいときは、そのブロックをクリックする。

Scratch 2.0では、制御カテゴリのハットブロックは1つしか存在しない:

Scratch 2.0には、制御カテゴリのスタックブロックが次の3つ存在する:

Scratch 2.0には、制御カテゴリのC型ブロックが次の5つ存在する:

Scratch 2.0 には、制御カテゴリのキャップブロックが次の2つ存在する:

提案

複数のScratcherから、一定の時間、指定したスクリプトを繰り返す制御ブロックを導入してほしいという意見が出ている。[1]

廃止されたブロック

Scratch 2.0登場以前のバージョンでは、「もし () なら、ずっと()」 ブロックが存在していた。これは「ずっと」と「もし () なら」ブロックを合わせた動作を持っていた。

出典

参照

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。