提供: Japanese Scratch-Wiki

< 利用者:Apple502j

2020年3月21日 (土) 16:32時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「出典(その他作業)がいる記事です。 == 文化 == == 0%if 0%control 100%pen == これらの語がどのように使われてきたか、多分2016-...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

出典(その他作業)がいる記事です。

文化

0%if 0%control 100%pen

これらの語がどのように使われてきたか、多分2016-2017年ごろの宣伝版・呟き版解析がいる

() (カスタムブロック)

記事移動: () (ブロック定義ブロック)、整形(太文字、ひらがなヘッダ)、「Pen」=>「ペン」、{{拡張機能使用}}、「定義ブロックで真偽値を使う例 」の修正(無限ループじゃない)、「真偽値を含む定義ブロックは、その値の変化に反応しない。」はバグではないはず(要出典)

() + () (ブロック)

赤ブロック

() - () (ブロック)

赤ブロック

() / () (ブロック)

Infinityの大文字、3.0ify、赤ブロック

() = () (ブロック)

数に限定しない、代用に「() に () が含まれる」ブロック(リストと演算)追加

() かつ () (ブロック)

赤ブロック

() から () までの乱数 (ブロック)

計算方法をScratch 3.0のソスコで解説、Math.randomの実装について注記。「スクリプト中では、小数点以下2桁に丸まる。変数などに代入した場合、小数点以下6桁。」「ただし再読み込みすれば1の様に整数に丸められる。 」は3.0と2.0でテスト必須。赤ブロック

() が順番に押されたとき (ブロック)

Makey Makeyに限定しない

() ではない (ブロック)

赤ブロック

() と () (ブロック)

「変数に入れた値や、ふきだしに表示される値は、小数点以下第二位までに四捨五入される」について、「変数に入れた値」の要検証。ふきだしはソスコへのリンク。「別のブロックによる表現」にリスト削除ブロック追加

() と () 秒考える (ブロック) () と () 秒言う (ブロック)

「なお、() と聞いて待つブロックで表示されたふきだしもこの方法で消すことができるが、この場合、答えを受け付けるテキストボックスは消えず、入力を待ちつづける。 」3.0で検証がいる

() とき (micro:bitブロック)

ブロック、例

() と考える (ブロック) () と聞いて待つ (ブロック) () と言う (ブロック)

画像更新、赤ブロック

() に触れた (ブロック)

赤ブロック、クローン関係