提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年1月21日 (日) 01:03時点におけるMasa2004 (トーク | 投稿記録)による版

再帰とは自分自身が自分自身を呼び出すプログラムのことである。また、循環参照のものも広義の再帰である。たとえば、フラクタルを描画するときなどに使用する。定義を利用するため、2.0から可能になった。

再帰を使った木のフラクタル

定義 コッホ曲線(長さ)
もし<(長さ::custom-arg)\>[1]>なら
コッホ曲線((長さ::custom-arg)/(3))
@turnLeft(60)度回す
コッホ曲線((長さ::custom-arg)/(3))
@turnRight(120)度回す
コッホ曲線((長さ::custom-arg)/(3))
@turnLeft(60)度回す
コッホ曲線((長さ::custom-arg)/(3))
でなければ
(長さ::custom-arg)歩動かす

使い方

再帰が使いやすいのは、同じ動作を繰り返したいものの、通常のループ文ではうまく再現できず、毎回条件を変えて繰り返したいときなどに有効である。また、スプライトの動きにかかわらず、データを処理する場面でも、上の画像のように分岐、分岐、また分岐した構造を処理したいときも有効である。

Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。