提供: Japanese Scratch-Wiki

(typo修正&微調整)
(デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) 中央値を求める --> ちゆうおうちをもとめる)
 
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
1行目: 1行目:
[[File:Median.png|thumb|137px|5つのデータの中央値]]
+
{{ひらがなヘッダ}}[[File:Median.png|thumb|137px|5つのデータの中央値]]
 
このチュートリアルでは、データ集合の中央値の見つけ方を説明する。中央値 (メディアン) とは、複数のデータを値の大小にしたがって並び替えたときに、中心の位置にくる値のことである。  
 
このチュートリアルでは、データ集合の中央値の見つけ方を説明する。中央値 (メディアン) とは、複数のデータを値の大小にしたがって並び替えたときに、中心の位置にくる値のことである。  
  
11行目: 11行目:
 
値の並び替えが終わったら、次のスクリプトで中央値を見つけられる。なお、[[リスト]]「データ」に、対象となるデータが入っているものとする。 [[変数]]「中央値1」と「中央値2」は、中央値を出すのに使用するデータを表す。
 
値の並び替えが終わったら、次のスクリプトで中央値を見つけられる。なお、[[リスト]]「データ」に、対象となるデータが入っているものとする。 [[変数]]「中央値1」と「中央値2」は、中央値を出すのに使用するデータを表す。
  
<scratchblocks>[中央値1 v] を ((([データ v] の長さ::list) / (2)) 番目([データ v])) にする
+
<scratchblocks>[中央値1 v] を ( [データ v]の(([データ v] の長さ::list) / (2))番目::list) にする
[中央値2 v] を (((([データ v] の長さ::list) / (2)) + (1)) 番目([データ v])) にする
+
[中央値2 v] を ([データ v]の((([データ v] の長さ::list) / (2)) + (1))番目::list) にする
 
もし < (([データ v] の長さ::list) を (2) で割った余り) = (0)> なら
 
もし < (([データ v] の長さ::list) を (2) で割った余り) = (0)> なら
  ([中央値:] と (((中央値1) + (中央値2)) / (2))) と (2) 秒言う
+
  ([中央値] と (((中央値1) + (中央値2)) / (2))) と (2) 秒言う
 
でなければ
 
でなければ
  ([中央値:] と (((([データ v] の長さ::list) / (2)) + (0.5)) 番目([データ v]))) と (2) 秒言う
+
  ([中央値] と ([データ v]の((([データ v] の長さ::list) / (2)) + (0.5))番目::list)) と (2) 秒言う
 
end
 
end
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
22行目: 22行目:
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==
 
*[[平均を求める]]
 
*[[平均を求める]]
*[[最頻値を求める]]
+
*[[最頻値 (モード) を求める]]
 
*[[データ範囲を求める]]
 
*[[データ範囲を求める]]
 
*[[標準偏差を求める]]
 
*[[標準偏差を求める]]
30行目: 30行目:
  
 
[[en:Finding the Median of Numbers]]
 
[[en:Finding the Median of Numbers]]
[[fr:Scratch Wiki Accueil/tutos/016 mediane liste nombres]]
+
[[fr:Scratch Wiki Accueil/tutos/016 mediane liste nombres]]{{デフォルトソート:ちゆうおうちをもとめる}}

2019年11月15日 (金) 03:06時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
5つのデータの中央値

このチュートリアルでは、データ集合の中央値の見つけ方を説明する。中央値 (メディアン) とは、複数のデータを値の大小にしたがって並び替えたときに、中心の位置にくる値のことである。

データが偶数個あって、中心がデータとデータの間になるときは、中央に近い2つの値の平均をとって、それを中央値とする。詳しくはWikipedia「中央値」を参照のこと。

データの並び替え

詳細は「データの並び替え (ソート)」を参照

中央値をみつけるために、まずは、データを値の大きさをもとに並び替える。最初に並び替えておけば、中央値を見つけるのはかなり簡単になる。

中央値を見つける

値の並び替えが終わったら、次のスクリプトで中央値を見つけられる。なお、リスト「データ」に、対象となるデータが入っているものとする。 変数「中央値1」と「中央値2」は、中央値を出すのに使用するデータを表す。

[中央値1 v] を ( [データ v]の(([データ v] の長さ::list) / (2))番目::list) にする
[中央値2 v] を ([データ v]の((([データ v] の長さ::list) / (2)) + (1))番目::list) にする
もし < (([データ v] の長さ::list) を (2) で割った余り) = (0)> なら
 ([中央値] と (((中央値1) + (中央値2)) / (2))) と (2) 秒言う
でなければ
 ([中央値] と ([データ v]の((([データ v] の長さ::list) / (2)) + (0.5))番目::list)) と (2) 秒言う
end

関連項目