提供: Japanese Scratch-Wiki

2021年1月10日 (日) 01:20時点におけるYaakiyu (トーク | 投稿記録)による版 (概要の追加)

このきじは ひらがなのページがあります。ひらがなでよむ

リミックスとは、ある作品を元に、新たな作品を作ることである。

また、リミックスは盗作とは異なる。

概要 

リミックスは、他人の作品を自分のものに変更することができるScratch特有の機能である。 リミックスすると、作品ページに原作を作った人へのクレジットと感謝の言葉が自動的に貼り付けられる。リミックスを繰り返し行い合作などに使用されてきた。 何回もリミックスがされると元の作品とリミックス元の2つへクレジット表示がされる。 また、作品が入れられているスタジオ一覧の上にリミックスされた作品の一覧をみることができる。 現在も裏技として使えるが、昔はリミックスツリーを見ることもできた。

ガイドライン

リミックスについて、コミュニティーガイドライン上は、「Scratchで見つけたプロジェクトやアイディア、画像などすべてのものは、自由にリミックスできます。同様に、あなたがシェアしたものも、誰でも自由に使うことができます。リミックスするときは、必ずクレジット(元の作者名)を「作品への貢献」として記載してください。」[1]となっている。(=共有した作品には必ずリミックスする権利がある)これはScratchがクリエイティブコモンズ 表示ー継承ライセンスを取り入れているからである。[2][3]

課題

詳細は「プロジェクトのコピー」を参照

リミックスに関して、最近問題となっているのは、中身の加工なしでの共有である。中身を一切変えないで投稿されていたりする作品に対する処置が、議論の対象になったりもする。また、本当に僅かに変更を加えたものを、リミックスと認めるかどうかも、議論の対象になっており、課題の一つとなっている。(それを完コピとも言う) これまでに、完コピが原因でプロジェクトの投稿をやめてしまった、あるいは、気力をなくしてしまったScratcherもたくさんいる。

有名なプロジェクトをリミックスし、まったく関係のないプロジェクトで置き換えるという問題もある。こうしたプロジェクトはプロジェクトページのリミックス欄などに表示されることがある。この場合には報告することができる場合がある。例えば、参照数を稼ぐためにそのような行為が行われた場合、コミュニティガイドラインの「誠実であること」に違反する。したがって、参照数を稼ぐために行っていると思われる場合には報告可能である。[4]

脚注

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。